【三軒茶屋】白トリュフ入り180円!コスパが良すぎる「トリュフベーカリー」の塩パン

 

おはようございます。10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアの片山智香子です。

この連載では、朝から元気になれる美味しいパン屋さんやカフェを紹介します!

【三軒茶屋】白トリュフ入り180円!コスパが良すぎる「トリュフベーカリー」の塩パン

田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩5分くらいのところにある、トリュフベーカリー。門前仲町に本店があり、こちらは2号店です。

ホームページを見てみると、2020年3月には軽井沢と広尾にもオープンの予定があるようです。

私はオープン時にプレス発表会で伺ったことがあるのですが、リニューアルされ、がらりと印象が変わっていました!

三軒茶屋のトリュフベーカリー

煉瓦な建物に白を基調とした外装、多分、オブジェとして置かれている自転車。まるでアメリカの西海岸にきたかのような雰囲気。

窓が多く自然光が優しく入る店内は、とっても気持ちよい空間です。

三軒茶屋のトリュフベーカリー

こちらのお店は高級食材を得意とする会社が運営していることもあり、店名の通り「トリュフ」が入っているパンがあるのが特徴的。

門前仲町のお店では黒トリュフのたまごサンドを食べたことがあるのですが、こちらのお店では人気No1だという「白トリュフの塩パン」を購入。

三軒茶屋のトリュフベーカリーの白トリュフの塩パン

トリュフが入っているのに180円!!!まず価格にびっくりしましたよ!!!

パン生地には、カナダ産の一等粉を使用し、マーガリンやコンパウンドを一切使用せず100%フレッシュバターでのみ製造しているそう。利益、ちゃんと出てるのかしら?と余計なお世話ですが思ってしまいました(笑)

【三軒茶屋】白トリュフが入って180円!コスパが良すぎる「トリュフベーカリー」の塩パン

パンの中には自家製トリュフが巻き込まれており、上にはトリュフオイルに白トリュフと塩がかかっています。

イートインスペースはそんなに多くはありませんが(テーブル2台、椅子が4脚くらい)、焼きたてまだ温かさ残る白トリュフの塩パンをすぐに頂きました。

さっくりした外側の中にふんわりしたとろけるような生地、じゅわりとバターが口内に広がり、トリュフの香りが鼻腔をくすぐる。

垣間見えるトリュフがさらに贅沢な気持ちにさせてくれます。

ちょこっとかかった塩が良いアクセントになった、180円ではコスパが良すぎる!そんなパンでした♪

トリュフベーカリー三軒茶屋

住所:東京都世田谷区太子堂2-24-5 1F

電話番号:03-6805-3223

営業時間:9:00~21:00

定休日:なし・不定休

公式ホームページ:https://truffle-bakery.com/

※記事の内容は公開時点の情報です。お店の最新情報はお店のホームページなどでご確認ください。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

パンマニア片山智香子のおいしいパン屋ガイド

10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアによるパン屋さんレポート♪
Written by

パンマニア 片山智香子

パンマニア、パン料理研究家
http://panyameguri.jimdo.com/
10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。全国のパンを紹介する日本最大級コミュニティ『パン屋さんめぐりの会』を主宰。著書に『ボウルで3分こねるだけ!ラク!早!カンタン!おうちパン』(学研)『愛しのパン』(洋泉社)がある。最近では、テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活躍中。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝カフェ案内の人気ランキング