おはようございます♬

気温10度のシアトルから
22度のLA(Los Angels)にやってきました(出張で)

ロサンジェルス(LA)といえど私がいるのは
皆様が想像するあっち側の華やかな方ではなく
マンハッタンビーチ(Manhattan Beach)という
海沿いの落ち着いたエリア。

誘惑が少なくて仕事がはかどりそうです(笑)

ともあれ、明日はハロウィン
というわけで街中が完全にハロウィン仕様。

シアトルよりも気合いが入っているような…?

たくさんおもしろい装飾があったのに
すっかり写真を撮るのを忘れてしまい
撮ったのはこれだけで
全部お見せできないのが残念( ;∀;)

マンハッタンビーチ沿いの素敵なお家は大抵
本気のハロウィンデコレーションをしているので
朝からビーチの散歩を楽しんできました♬

 

喉が渇いてドラッグストアに寄ってみると
まさかのこれ…笑

このミネラルウォーター。
かわいいけど明日が終わったらどうなるんだろ?

なんて野暮なことは置いておいて
明日のマンハッタンビーチは子供たちの
「Trick or Treat(お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ)
たくさん聞こえてきそうです。

さて、以前ハロウィンの起源については
こちらでご紹介しましたので

今日はシアトルでは
あまり馴染みがないけれど
(シアトルのあるワシントン州はカナダと国境)

LAではお馴染みのラテンアメリカの祝日
(LAのあるカリフォルニア州はメキシコと国境)

死者の日(Día de Muertos / Day of the Dead)
について簡単にご紹介したいと思います。

名前だけ見るとなんだか怖い気もするこの祝日。
ちゃんと調べてみるとなかなか興味深くて

得意のウィキペディアによるとこんな感じ。

「ラテンアメリカ、主にメキシコで行われる。
死者の日には家族や友人達が集い
故人への思いを馳せて語り合う日。

祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である
11月1日と2日に行われる。
地域によっては10月31日の晩も前夜祭として
祝われる地域もある。

日本のお盆に近い位置付けであるが
あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。
死を恐怖するのではなく、逆に死者とともに
楽しく笑うというモチーフとなっている。」

11/1に子どもたちの魂がこの世に戻り
11/2に大人の魂が戻ると言われているそう。
だからお供え物も1日はお菓子2日はお酒と
日によって変わるようです。

ちなみにハロウィンはアイルランド発祥で
死者の日はアステカ文明が発祥とのこと。
双方ともかぼちゃを飾ったり
仮装してパーティをするなど共通点が多く
実際にそのルーツが近いとも言われています。

 

メキシコ好きな人はピンと来たと思いますが
ドクロやガイコツモチーフのカラフルな柄
それはもしかしたら
この死者の日が由来なのかしら?

とにかくかわいいガイコツやドクロがいっぱい。

11月1日と2日が楽しみになりました♬

日本はついにとうとうハロウィンになりましたね。
今年の渋谷は一体どうなることやら
注目している方も多いのではないでしょうか。

朝時間をご覧の皆様もパレードに参加したり
コスチュームを着て
飲みに出かける方もいらっしゃると思います。
どうぞSweetなハロウィンをお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング