目指せ、31度!紫外線ダメージを防ぐ「クールダウン」スキンケア術

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

紫外線は春先から降り注いでいますが、気温が高い夏のほうが、春より紫外線ダメージを受けやすくなります。それは、「肌温度」が高くなることが原因。

今回は、肌温度を下げて紫外線ダメージを和らげる方法をご紹介致します。

肌温度が高いとダメージを受けやすい理由は?

紫外線たっぷりの夏空

気温が高くなって「肌温度」が高くなると紫外線ダメージを受けやすくなると言われています。

その理由のひとつが、皮脂の分泌

肌温度が高くなると皮脂の分泌量が多くなり、肌表面に酸化した皮脂が留まりやすくなります。酸化した皮脂に紫外線が当たることで、シミや吹出物などあらゆる肌トラブルの原因となってしまいます。

朝のスキンケアで肌をクールダウンする方法

ドテラのペパーミント精油

肌温度の高さによる紫外線ダメージを和らげるためには、紫外線を浴びる前、朝のスキンケアで肌をクールダウンすることが有効です。

例えば、冷蔵庫で冷やしておいたシートマスクを数分肌にのせておくと、肌がキュッと引き締まり、眠気もスッキリ。肌温度が上がりにくくなります。

また、私が実践しているのは、メディカルアロマ「ドテラ」のペパーミント精油で作ったスプレーを顔に吹きかけること。

ペパーミントは発熱時にも使われる精油。スプレーするだけで肌温度を下げてくれます。頭皮や脇の下にもおすすめです。

外出時に肌温度を下げるには?

小型扇風機を使う女性

炎天下を歩く日中は、帽子や日傘でできるだけ肌をガードしましょう。

それでも、気温が高いと肌温度はどうしても高くなってしまいます。それを防ぐ方法のひとつが、保冷剤をくるんだハンカチやクールタオルなどを使って、首の後ろを冷やすこと。太い血管が通っている首元を冷やすと、全身が涼しくなり、汗もかきにくくなります。

肌温度が上がりにくくなるので、私は夏の外出時には必ず首に巻いています。

また、携帯用の扇風機やアイスパックを持ち歩き、小まめに肌を冷やすのもおすすめです。

*****

肌トラブルが起きにくい肌温度は31度と言われています。美容業界では、肌の温度が上がると老けるという意味で、”熱老化”という言葉も使われています。

暑い夏は毎日のケアで肌温度を下げて、紫外線ダメージや老化から肌を守りましょう。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング