絶対焼かないなら!おすすめ日焼け対策「4つの裏技」

 

DSC00663

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

いよいよ夏本番!毎日暑い日が続いていますが、日焼け対策はバッチリでしょうか?夏の間に浴びた紫外線の影響は、秋になって乾燥やシミとして現れます。この夏は絶対焼かないために、おすすめしたい日焼け対策4つの裏技をご紹介します。

【裏技その1】「服を着る前の日焼け止め」で塗り残しを防ぐ!

sun-protection-1710077_960_720

日焼け止めの塗り残しがあると、そこだけが焼けてしまい、肌がまだらになってしまうことに。日焼け止めの塗り残しを防ぐには、服を着る前に塗るのがおすすめ。服と肌の境目がないので、日焼け止めが塗りやすく服に付いてしまう心配もありません。

日焼け止めをよくなじませてから着替えればOK!また、白い服は紫外線を通しやすいので、屋外で過ごす日には服の下にも日焼け止めを塗っておくと安心です。

【裏技その2】体の「先端部分」はなるべく隠す!

gloves-20916_960_720

手足の指先や頭頂部、肩など、体の先端部分は紫外線を浴びやすい部分です。日焼け止めを塗るなら重ね塗りをして、できれば外出時は手袋、靴下、帽子、ストールなどで隠してしまうとよいでしょう。UVカット効果の施してある繊維でできたものを使えばさらに効果的。

日傘をさしていても、足先、肩などの先端部分は紫外線を浴びてしまうことがありますので注意が必要です。

【裏技その3】パウダーとスプレーの「W使い」で塗り直し!

体は日焼け止めを塗り直せても、メイクをしている顔は塗り直すのは大変。一度メイクを落としてから日焼け止めを塗って、またファンデーションを塗って…というのは一苦労です。

顔の日焼け止め塗り直しには、メイクの上からUVカット効果のあるフェイスパウダーと日焼け止めスプレーのW使いで!日焼け止めスプレーを吹きかけたら、メイク直しの要領でパウダーをはたけばOKです。

【裏技その4】「飲む日焼け止め」で体の中から対策!

IMG_3986

太陽に負けないサプリ ホワイトヴェール

もともとは海外セレブが使っていることで話題になった飲む日焼け止め。ここ数年で日本でもブームとなっていて、日焼け止めサプリメントとして販売されています。

ホワイトヴェールを例に挙げると、ニュートロックスサンという抗酸化作用の高いハーブが原料の成分が入っています。毎日飲むことで、体の中から紫外線によるダメージを防ぐことができます。塗る日焼け止めと合わせれば体の外からも中からも紫外線対策が可能!

日焼け対策4つの裏技はいかがでしたでしょうか?紫外線はシミの原因になるだけではなく、シワやたるみなどあらゆる肌老化を引き起こします。万全に対策して紫外線ダメージから肌を守りましょう。

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング