おはようございます♬

人生の中でほんの一瞬だけ
すれ違うみたいに出会う人っていませんか?

私にとってその中の1人がめぐみ、という
この春から新卒社会人になる女の子。

去年の夏、旦那さんの実家に3週間のホームステイ
そして現地企業でインターンシップをしていた彼女。

普段はなにかと面倒見のいい家族も
この夏だけは珍しく異常に忙しく
なにかと構ってあげることができないから
「野球観戦にでも連れて行ってあげて」と頼まれ
ほぼ初対面なのに2人きりで野球を観た。

と言えばそれだけの関係。

なのに、その後もなにかと気にかけてくれて
(彼女は20歳以上年下なのに!笑)
たまーに連絡をくれていためぐみが

突然弾丸でシアトルに遊びに来てくれたのでした。

そこでお土産にもらったのが
このスターバックスYou are here Collection』シリーズの
日本限定』バージョンマグカップ♡

 

 

 

 

 

嬉しい♡(≧▽≦)

嬉しすぎて多分10回は「ほんとに?」
って聞いたくらい喜んだのは

このマグカップが発売になったとき
なにげなくタイムラインに自分用のメモとして書いただけ

それをさりげなく覚えててくれて
お土産として買ってきてくれた
21歳の女の子の気遣いに感動したから
なのです♡

 

そして思い出したのが
こちらのドラマなどでよく聞くセリフ。
You deserve it.

①良いシチュエーションでも
②悪いシチュエーションでも使えるこの表現。

 

①頑張ってきたことに対して称賛を得たとき
当然だよ!(あなたにはその価値がある)

②悪いことをしてバチが当たったとき
当然の報いだよ
※ちなみに「自業自得」だとIt serves you right.※

 

たかが1日だけの野球観戦。
でも、こんな報いを得ることもある←大げさ!笑

しばらく幸せな気分で毎日が過ごせそうです。
お気に入りのマグカップで飲むコーヒーって
いつもの朝をちょっぴり特別にしてくれるような気がします。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング