おはようございます♬

今朝、郵便ポストを覗いてみると
こんなハガキが
King County(キング郡)』から届いていました。

 

 

 

 

私の住んでいるシアトルは
アメリカのワシントン州キング郡にある『市』。

いわゆる東北地方(ワシントン
福島(キング
会津若松(シアトル
みたいなもんでしょうか。

と、話が脇に逸れそうなので元に戻すとして
そのキング郡から来たハガキには
大きく『OFFICIAL JURY DUTY NOTICE
陪審義務通知、とあります。

おお、ついに?あれ?
そもそも永住権しか持っていない私は
陪審員になれるのかしら?

 

 

 

 

裏面を読んでみても詳しいことは書いていないので
調べてみると、どうやらさすが
『超いい加減な国・アメリカ』

アメリカ市民であろうとなかろうと
(市民でも永住権でもビザ保有者でも)
運転免許を取得した人には通知が行ってしまう。
※ワシントン州はそういう仕組だそうです※
そんなわけで私の元にもこの通知が届いたのでした。

アメリカ市民には陪審員は義務だけれど
永住権保有者の私には陪審員になる権利がない。

アメリカの裁判に参加してみたかった私。
(被告でも上告でもなく、ですw)
少し残念な気もしつつ
「私は市民権を持っていません」と連絡しました。

 

しかし、なんていい加減な国なんだろう。
日本だったらありえないよ!という少々の怒りと
(陪審員体験してみたかった)残念な気持ちで
お腹が減ってきました。

ここは最近、気になっていた
Side Hustle Coffee & Doughnutsに行くしかない♡

 

 

 

 

夜はLOWERCASE BREWINGという
ビールの醸造所でバーという場所で
朝からコーヒーやお茶とドーナツや
パイが食べれるようになっていてビックリ。

 

 

 

 

こんな感じの小さなドーナツが
卵のパックに入っていて美味しいだけじゃなく
見た目も可愛いんです。

でも、食べている場所は明らかにバー 笑

このギャップがなかなか面白くて気に入りました♬

 

そんなわけで何かあるとすぐ
美味しいものを食べて忘れようとするこの性格は
どうやら矯正が必要な模様です。

この話はまた近々させていただくとして
今日のところはこの辺りで。

寒い日々が続くと思いますが
みなさまどうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング