英会話でよく出てくる「That’s it!」の意味は?

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

英会話でよく出てくる「That’s it!」の意味は?

今日覚えたいキーフレーズは、アナがパーティーでの出し物についてマーシャに相談するシーンからピックアップ♪

Anna:  I can’t cook. And I really want to perform. You know, there is one thing I can do. Trouble in mind. I’m blue…♪(料理はできないの。それに、本当に芸をしたい。そうだ、ひとつできることがあるわ。私の中のトラブル。ブルーな気分…♪)
Marsha: That’s it! You can sing at the party. Now, I have to go shopping for food.(それよ!パーティで歌えるわ!じゃあ、私は食べ物の買い物に行かなきゃ
Anna: Can I help? I’m not busy right now.(手伝っていい?いまは忙しくないし)
Marsha: Sure, let’s go!(もちろん。行きましょう!)

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

この会話を動画でチェック(eステーションへ) >>

(※eステーションへの無料会員登録が必要です)

今日のキーフレーズ

映画や海外ドラマでもよく出てくる “That’s it! ” は、「それよ!」「まさに!」などを表す定番フレーズのひとつ♪

また、以前の記事でご紹介したとおり、「行かなきゃ」は “I have to go.” ですが、「買い物に行かなきゃ」の場合は “I have to go shopping.” となります。

動画でチェック!

英語力は、繰り返して何度も聞いたり、声に出して練習することでアップします。この会話を動画見ながら音声で聴きたいなら、コスモピアeステーションのページをチェックして!

この会話を動画でチェック(eステーションへ) >>

(※eステーションへの無料会員登録が必要です)

このコンテンツをスマホで聴こう!アプリダウンロードはこちら >>

★東京五輪までにいつでもどこでも英語力アップ!今なら「英語聞き放題」コース月額300円コスモピアeステーション「eステ」

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング