スタバに新しいベーカリーが参入❤

おはようございます♬

スターバックスコーヒー(スタバ)は
ここ、シアトルが発祥ってご存知でしたか?

最近Blue Bottle Coffee等に代表される
『サードウェーブコーヒー』という言葉に押されて
Starbucks CoffeeTully’s Coffee
Seattle’s Best Coffeeなど「シアトル系コーヒー」は
日本ではちょっと停滞気味でしょうか?

なんだかスタバでは
本格的なハンドドリップのコーヒーが飲めない。
甘い高カロリーのラテやフラペチーノしかない。
そんな風に思われていたらちょっぴり寂しいので

知ってる方はごめんなさい。まずはこのお話から。

前回はあまりの混み様でコーヒーを飲むのを断念した
あの『スタバ版 チャーリーとチョコレート工場』こと
世界に(今のところはまだ)1つだけの
Starbucks Reserve Roastery and Tasting Room や

 

 

 

 

 

 

このマークでおなじみのStarbucks Reserveでは
バリスタがハンドドリップしたコーヒーが
美味しくいただけるってことはご存じでした?

(なんかスタバの回し者みたいに見えますよね…
なんだか恥ずかしくなってきた!!※縁もゆかりもありません…)

ちなみにこのRoastery and Tasting Roomでは
ハンドドリップだけでなく
サイフォン・水出し・最近 話題のニトロコーヒー
など、トップバリスタが厳選した豆を
自分の好みの方法で淹れてもらえるのが魅力の1つ。

そしてつい先日、そんなRoastery and Tasting Room が
イタリアの有名ベーカリー『Princi Bakery』との
コラボレーションを発表したものだから
この日のスタバは200人以上のお客様でごった返しておりました…

 

 

 

 

 

こんな感じでバゲットやブールなど
基本的なフランスパンから

 

 

 

 

 

フォカッチャサンドや
クッキーからマフィン、クロワッサンに
ブリオッシュ、そうそうティラミスなんかもありました♬

 

 

 

 

 

どれもほんとに美味しそう♡
ああ、ラッキーなことに近所に住んでいるし
また今度ゆっくり来ようと心に誓って
今朝はティラミスと
サイフォンコーヒー飲み比べをチョイス。

 

 

 

 

 

このティラミス。
アメリカのべったりした甘さじゃなく
日本で食べてきたようなしつこくない甘さで
とっても美味しかったです♡

 

 

そんなわけでこのベーカリーがオープンしてまだひと月弱。

とにかく席に着くのもやっとなほど混んでいて
Princiとのコラボは大成功のように見えます。

が、実はアメリカのメディアは
あまり好意的には見られていないようなんです。

nwi.comによると
「Can Starbucks Succeed With This Bakery When It’s Failed So Often Before?」
スターバックスは何度も失敗しているのにこのベーカリーで成功できるのか?

と、これまでに何度も「コーヒー+α」を目指しては
失敗してきたスタバについて辛口批評を書いています。

個人的にはスタバの貪欲なコラボ精神と
見切りの早さは見ている分には興味深いので問題なし。

今後は全米のStarbucks Reserveを皮切りに
日本にもこのPrinciのベーカリーは進出予定とのこと。
楽しみにニュースを追いかけたいと思います。

あ!今日はお役立ちフレーズを忘れてました!
と、いうことで最後に簡単に…

私たちにもおなじみの『give up』を使って
こんなフレーズを。

~に見切りをつける=give up on ~
Aに~することを諦める=give up ~ing to A
(これからしなければならないことを)諦める=give up to 動詞

このあたりが使えるフレーズ。
そしてもう1つTVを見ているとよく聞こえてくる
に拍手をどうぞ!=Give it up for ~!

世界中に店舗を構える大企業になっても
挑戦を続ける地元企業に拍手を送りたいと思います。
みなさんも Give it up for Starbucks!

ちょっぴり無茶ぶりした感たっぷりですが
今朝はスタバのコーヒーで素敵な朝を迎えてはいかが?

みなさまどうぞSweetな1日を♡

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング