スタバの新名所で待ち合わせ「~時に行きます」

 

おはようございます♬

日本でも少しニュースになったようですが
シアトルに本社のあるStarbucks Coffee

私の住むエリアに『Roastery and Tasting Room
=「スターバックス・リザーブ:焙煎とテイスティング・ルーム」と
名付られたカフェと焙煎所を併設した初の高級店をオープンしました♬

CEOのハワード・シュルツさん曰く

“この店は、映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる
夢のような工場のコーヒー版”
とのこと。

これは行かねば!と早速友達と待ち合わせ♡

前回の遅刻を鑑み

今度は余裕を持って先に行って待ってみようと
事前に携帯メール(テキスト)を送ってみることに。

私:I’ll go there at 8:00

友達:hmmm, you mean you will leave the apartment at 8?
or you will be there at 8?

日本語で言うなら「8時に行くね」なのですが

この日本語と同じように
英語にも同じ誤解を招く要素が

この「Go=行く」には含まれています

8時に「Go=行く」

①8時に目的地に着く
②8時に家を出る

のような2つのイメージがあるので
一体、どっちのことなんだろう?と

普段英語が堪能ではない私なだけに
かえって相手にいらない心配を掛けてしまったのでした・・・
。・゚・(゚`д´゚)・゚・。

こんなときには「8時に着くね」=I’ll be there at 8:00. が正解フレーズ。

誤解も解けたところで
「スターバックス・リザーブ:焙煎とテイスティング・ルーム
(Roastery and Tasting Room)」に無事
8時前に着くことができました♬

カフェの外観撮影を忘れてしまいましたが

体育館みたいな店内(1400平方メートル弱)に
巨大なロースターがあって、全世界に送られていく豆を焙煎
Roastery and Tasting Room1

 

 

 

 

 

 

好みの豆を好みの挽き方してもらえたり

通常のスタバとは違うメニューがあって

バリスタと相談して選んだコーヒーの飲み比べができたりSB.1

 

 

 

 

 

 

まだオープンして間もないこともあって
店内は大混雑の大賑わい。

CEOのシュルツさんのおっしゃってたような
チャーリーとチョコレート工場ならぬ
「スタバのコーヒーの遊園地」みたいでしたヾ(・∀・*)ゝ

Roastery and Tasting Room2

 

 

 

 

 

 

 

結局、私も友達も人の多さに気圧されて
「ちょっと落ち着いたらまた来ようか」といそいそと退散ε=ε=~~ε( ・д・)3

コーヒーも飲まず、豆も買わずに帰ってきてしまいましたw

もう少し経って、お店が落ち着いたら
ゆっくり、コーヒーの飲み比べに挑戦してみようと思います。

≪本日の英語フレーズに合わせて≫

そのほかに待ち合わせに使える
英語フレーズでおすすめはこちら

★8時までに着きます=I’ll be there by eight.
★30分で着きます=I’ll be there in 30 minutes.
★すぐに着きます!=I’ll be there in a minute.

どれもかなり使えるフレーズなのでぜひ使ってみてください♬

と、英語フレーズはさておき
この「Roastery and Tasting Room」は
アジアにも進出が予定されているそう。

その場所が日本だったらちょっと楽しみですよね♬

お正月明け⇒成人の日の連休と
まだまだ休みボケが続いている皆様

コーヒーでリフレッシュ(*≧∇≦*) してみましょ。

本日もSweetな1日をお迎えください♬

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング