「南アフリカの祝日の楽しみ方」

南アフリカからおはようございます!

9月24日は、「Heritage Day」 と呼ばれる祝日で南アフリカは3連休だった。金曜日のお昼を過ぎると、連休前にエキサイティングしていて、鼻歌が聞こえて来る。ラジオからはHappySongだけが流れて来る。

休日を思い切り楽しむ空気が流れる、陽気な国だ。

この「Heritage Day」は、「National Brrai Day」でもあって、南アフリカの伝統を祝う日。朝、ショッピングに出かけると、女性の店員さんは、ズールー族伝統のビーズ加工がされたコスチュームに身を包み、色鮮やかなアクセサリーに身につけている。お会計のとき、「Happy Heritage Day!!!!!」と笑顔で声をかけてくれてこちらも陽気な気持ちになる。

そして、家族や友人たちと公園や庭で「Brrai(ブラーイ)」と呼ばれる、南アフリカの伝統であるバーベキューをしている人たちが、彼方此方に。

IMG_7253

私たちも家族が集まり、ブラーイ。裸足になって寛いで、炭火の良い香り。「ブルボス」という香辛料がふんだんに使われている渦巻き状のソーセージは南アフリカの名物で、ブラーイには欠かせない。

食後は、大きなマシュマロ(通常の9個分ほどの大きさ)にチョコレートを挟んで、こんがり焼いて。

これも定番なのか、スーパーには大きなマシュマロと長い串がセットになった商品も。

IMG_7254

トトロみたいなのが出来上がった。

可愛い、自然が作り出すアートに出会い嬉しい。

IMG_7255

週末、朝から賑やかで南アフリカらしいソト活時間を過ごしてお肉を沢山食べてパワーチャージ。

家族を大切に、今週も過ごそう。

 

Mai

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【南アフリカ共和国】Rainbow Tune!!!!!

南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住レポーターから届くカラフルな朝時間
Written by

Mai(南アフリカ共和国在住)

(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住)
日本では看護師、料理家、フードコーディネーター、公認サルベージシェフとして活躍。2017年3月南アフリカ人の夫と共にヨハネスブルグへ移住。南アフリカの日常から、まだまだ知られていないカラフルな魅力を発信していきます。
ホームページはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング