「毎朝欠かせない、ルイボスティーの魅力」

南アフリカからおはようございます!

今回は南アフリカの特産品のひとつであるルイボスティーについてのお話です。

日本でも健康茶として馴染みが深くなってきているルイボスティーですが、南アフリカの西ケープ州の北に広がるセダルバーグ山脈一帯のみに自生する、乾燥した30度以上温度差の高い場所を好むマメ亜科の植物です。「ルイボス」はアフリカーンス語で「赤い低木(RED BUSH)」を意味します。南アフリカでは300年以上も前から「奇跡のお茶」「不老長寿」に効くと言われ親しまれてきましたそうです。カフェやレストランでもポピュラーで、ルイボスティーだけではなく、ルイボスエスプレッソカフェラテカプチーノカクテルなどのドリンクメニューも豊富にあるんですよ!日本でいう抹茶や緑茶といったところでしょうか。

ちなみに、私はこのFIVE ROSESのルイボスティーを主に飲んでいます。毎朝、ルイボスティーの香りを嗅ぐと、ほっとします。私は、身体の浮腫みも軽減されて嬉しいこともいっぱいです。

IMG_7130 IMG_7132

ルイボスティーは独特の香りはありますが、苦味が無くとても飲みやすいです。
南アフリカではいくつかのメーカーから売られていて手頃な価格で手に入るので、いろんな種類をストックしているので、飲むだけではなく、週末は朝からお料理の試作などをして楽しんでいます。

現地の人は、砂糖とミルクを入れてルイボスミルクティーにしたり、はちみつとレモンを入れて飲むのが定番のようですよ!

南アフリカに旅行に来た際は、ぜひカフェやレストランでルイボスティーメニューを試してみてくださいね!

 

MAI

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【南アフリカ共和国】Rainbow Tune!!!!!

南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住レポーターから届くカラフルな朝時間
Written by

Mai(南アフリカ共和国在住)

(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住)
日本では看護師、料理家、フードコーディネーター、公認サルベージシェフとして活躍。2017年3月南アフリカ人の夫と共にヨハネスブルグへ移住。南アフリカの日常から、まだまだ知られていないカラフルな魅力を発信していきます。
ホームページはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング