朝の”○○×△△”でヤセ効果倍増!?ダイエットに効く食べ合わせ5選

「今年こそ痩せる!」と年始に宣言した皆さん、今年もあと1か月あまりで終わってしまいますね。計画通りに、ベスト体型を維持できていますか?

食欲の秋を乗り越えたのも束の間、本格的な冬に突入するこれから年末にかけては、ダイエットを阻む宴会のお誘いも増えて、どうしても食べ過ぎ、飲み過ぎに陥ってしまいがちですよね。

実は、体温を上げるために基礎代謝が上がる冬こそ、ダイエットに最適な“痩せやすい”季節!そこで今回は、今年最後のダイエットに役立つ、“ヤセ効果の高い”朝食の食べ合わせをご紹介します♪

食べ合わせ次第で代謝アップや脂肪の燃焼効果が倍増して、いつもの食材が「ダイエット食」になりますよ!

ヤセ効果がアップ!朝食に定番食材の食べ合わせとは?

【1】豆腐×かぶ

SN125_L

朝食の定番、豆腐のお味噌汁に旬の「かぶ」を加えてヤセ体質に!

良質のたんぱく質が豊富で消化吸収にも優れた「豆腐」には、新陳代謝を促す亜鉛も豊富。「かぶ」に含まれるビタミンCが、亜鉛の吸収率を高めてくれるので、代謝がアップ!ヤセ体質に導きます♪

亜鉛+ビタミンCの組み合わせには、お肌の再生を促してくれる働きもあるので、美肌食としてもおすすめですよ。

【2】ヨーグルト×バナナ

SN060_L

朝の腸活に欠かせないヨーグルト。トッピングには「バナナ」を加えましょう!

バナナに含まれるイヌリンという成分が、腸内でヨーグルトの善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境を最適化してデトックス効果を高めてくれるのです。

より高い効果を求めるなら、乳酸菌の活動が活発になる人肌くらいのホットヨーグルト×内臓が温まるホットバナナの組み合わせが、ベストです♪

【3】コーヒー×ココナッツオイル

JW107_350A

朝のコーヒーに大さじ1杯の「ココナッツオイル」をプラスするだけで、脂肪の燃焼効果がアップ

強力な抗酸化作用やアンチエイジング力、さまざまな健康効果が注目されて各国のセレブたちがとり入れている美容法(食)としても、話題を集めた「ココナッツオイル」。

脂肪の分解を促進する効果のあるコーヒーに、体脂肪の燃焼を促進するココナッツオイルを加えることで、脂肪の代謝がスムーズに行われて、体内に余分な脂肪を溜めこみません!

【4】鶏胸肉×トマト

CQ013_L

肉類の中でも脂肪分が少なく、低カロリーで高たんぱくの「鶏胸肉」

オレイン酸・リノール酸など、血液中のコレステロールを減らしてくれる働きのある脂質や、脂肪を燃焼するビタミンB₂を豊富に含む「鶏胸肉」「トマト」を合わせることで、その効果がアップ!

「トマト」には強力な抗酸化作用を持つリコピンだけでなく、アミノ酸の代謝を促すビタミンB₆が含まれているので、一緒に摂ることで疲労回復や脂肪の代謝アップに役立ちます。

朝食にはラップでくるんで、レンジやボイルするだけで簡単にできちゃうヘルシーな「鶏ハム」や「蒸し鶏」がおすすめ!トマトと一緒にパンに挟んだり、トマト入りサラダにトッピングしてみてはいかがでしょう♪

【5】納豆×ニラ

H

和食党さんの朝に定番の納豆には、軽く火を通した「ニラ」を加えてニラ納豆に!

納豆に含まれる大豆ペプチドは脂質を代謝し、サポニンにはコレステロールを下げる働きがあります。「ニラ」に含まれるイヌリンという成分が、その働きを活性化してくれるので、一緒に摂ればダイエット効果も一層高まります。

ニラ納豆は混ぜるだけでも、火を入れて炒めても美味しい納豆レシピの1つ。納豆は何も加えずそのままで食べる派さんも、ぜひ試してみてくださいね!


いかがでしたか?また来年も「今年こそ痩せる!」と宣言することにならないよう、ヤセ効果が倍増する食べ合わせを知って、今年のダイエットを成功に終わらせましょう!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング