痩せやすい冬に効果大!話題の「クリーン・イーティング」とは

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。冬は、自ら体を温めようとするために、代謝が上がり、夏よりも痩せやすいということをご存じでしょうか?暑くて汗をかく夏は体を冷やそうとするため、意外と痩せにくいのです。

痩せやすい時期に、さらに効果を高めるために!今回は「クリーン・イーティング」をご紹介します。

breakfast-1822190_960_720

クリーン・イーティングのやり方

「クリーン・イーティング」(Clean Eating)は、新鮮で不純物の少ないクリーンなものを食べて、健康的な美しさを目指す食事法です。少し気を付けるだけでできますので、日々の食生活に取り入れやすいと思います。

【その1】水を多めに飲む

GN021_72A

冬はあまり水分を摂らない方もいるようですが、お水はしっかりと飲みましょう。お茶や清涼飲料水ではなく、ミネラルウォーターを飲みます。お水を飲むことで、血液の循環が改善されるので、ダイエットだけでなく美肌にも効果的です。

【その2】野菜・果物を多く食べる

GN061_72A

肉や炭水化物を摂り過ぎると、体に毒素が溜まりやすくなってしまいます。野菜と果物をたっぷりと食べ、ビタミン、ミネラルを摂ると、体内から不純物を取り除くことができます。代謝がアップして、痩せやすい体を目指せます。

1日の始まりである朝食に、野菜と果物を摂ることで、次の食事の血糖値急上昇をおさえることができます。

【その3】アルコール・カフェインを控える

JW103_350A

コーヒーやお茶などカフェインを含む飲み物や、アルコールはなるべく控えましょう。カフェインはダイエット効果があると言われますが、飲み過ぎると血流の洗浄が遅れたり、代謝が落ちたりしてしまいます。

また、アルコールが体内に入ると、それを解毒するために肝臓が酷使されてまい、その結果毒素や脂肪が溜まりやすくなります。

【その4】食品は自然な形で食べる

da201007s

加工品は添加物が多いので、コンビニや外食で食事を済ませるのはできるだけ避けましょう。なるべく加工されていない自然な形に近い食品を選ぶようにします。味付けも控えて、自然のままの食材の味を楽しみましょう。

【その5】精製された炭水化物を控える

assortment of baked bread background

炭水化物では、白米や白いパン、パスタなど精製されているものはなるべく控えて玄米や全粒粉パンを食べるようにしましょう。

【その6】有機栽培された食品を食べる

FP168_L

食品は、有機栽培された無農薬、低農薬のものを選ぶようにします。肉や魚、卵、牛乳などの食品も、放牧で良質な餌で育てられたものを選ぶと安心です。

クリーン・イーティングの効果

この「クリーン・イーティング」食事法を実践すると、無理なく摂取カロリーを抑えることができます。また、血糖値の急上昇が防げるため、ダイエットに大変効果があります。普段コンビニや外食で食事を済ませることが多い方は、クリーン・イーティングをすることで体が軽くなるのを感じると思います。

クリーン・イーティングは、ダイエットだけでなく、美肌作り、便秘解消、疲労回復など様々な美容と健康効果が期待できる食事法です。毎日口に入れるものが、どれだけ体に影響を及ぼしているか、実感できると思います。ぜひこの冬のダイエットや体質改善に、取り入れてみて下さい。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング