ミス・ユニバース達も実践?ポジティブ思考を作る”寝る前にやること”

 

知花くららさん、絵美里さん、森 理世さんなど、スタイルも笑顔も美しいミス・ユニバースのモデルさん達。そんなモデルさん達に対して8年間にわたり「美しくなる食生活」を指導してきた栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさん。今回は、エリカ・アンギャルさんの“内側からより美しく、心も身体も健やかに輝く”というモットーに基づいた、前向きな思考回路の身に付け方を紹介します。

内側から輝くための、寝る前の簡単な習慣とは?

朝からポジティブ思考で充実した毎日を過ごすためのポイントは、寝る前に行う頭のエクササイズ。さっそくその方法と注意点を見ていきましょう。

【方法】

毎日寝る前に意識的にポジティブなことや幸せを3つ考えて眠りにつきます。寝る前に一日を振り返り、楽しかったこと、嬉しかったことを思い出して感謝します。

【注意点】

人間の記憶は眠っている間に整理され、定着すると言われています。その仕組みを利用することで、ポジティブな感情が頭の中でしっかりと定着し、思考回路も少しずつ前向きになっていきます。逆にネガティブな気持ちで寝てしまうと、その感情が脳内に広がり逆効果となってしまうので、絶対にミスや人間関係の悩みを考えてはいけません。

 【ヒント】

いいことなんて何もなかった…と思うかもしれませんが、次の例を見てみてください。

・今日は久しぶりに天気が良い
・ランチでおいしいお店を発見した
・何はなくとも健康で過ごすことができた
・通勤中に超イケメンに遭遇した
・小説を読み終えてものすごく感動した

このように“いいこと”はどんな小さなことでも構いません。

とっても簡単で、どこでもできるエクササイズです。今日の夜からさっそく試してみませんか?翌日にどのような気分で目覚めたかを意識しながら、習慣になるまで21日間は続けてみれば、少しずつ前向きになっている自分に気づくはずです。

参考文献:著 エリカ・アンギャル『自信という最上のドレスの手に入れ方』(幻冬舎)

“すっきり早起き”は最初のポジティブポイント

早起きするには、朝が来るのを待ち遠しくするための工夫が効果的ですよね。おめざスイーツを用意してみたり、好きなドラマも次の日の朝までとっておいたり、なんていうハッピーモーニング計画を生活にとりいれてみませんか。「スッキリ早起きできた」「朝の○○が良かった」と、2つもポジティブが手に入りますよ♪

「寝坊にさよなら!ハッピーモーニング計画を試してみよう♪」はこちら≫

 

メンタルから輝くための秘訣♪「自信という最上のドレスの手に入れ方」

世界基準の美をつくるカリスマによる、自分に自信を持つためのエクササイズが紹介されている1冊、「自信という最上のドレスの手に入れ方」(幻冬舎)。ひとつひとつが具体的かつ簡単にできるものなので、すぐにでも実践することができますよ♪

7141fb2TTrL

本の詳細はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング