File64 雨宮ゆかさん(草花研究家)

 

草花研究家 雨宮ゆかさん

ゆったりと、自然体で過ごす朝!

雨宮ゆかさん

ふつうのことを、きちんとできること…それが一番大切なんです。

プロフィール

日常の花をテーマに、暮らしまわりのことを中心に雑誌、書籍などで活動中。暮らしのうつわに花を生ける花教室、「日々花」を都内でひらいている。教室の詳細は、公式サイト日々花サイトにて。


“私だけ”の、とっておきの朝の楽しみをおしえてください

ベランダの植物に水やりをする。お湯を沸かす、お湯を注ぐなど、水の音を聞くこと。
乾いた土にシュワーと水がしみていく音や、コポコポと急須にはいるお湯の音。
水の音に、体が目覚めるようなかんじがします。

 


朝型生活に目覚めた(目指した)きっかけは?

午前中の時間が、とても大切だと思うようになったのがきっかけです。
たとえば、花の写真を撮るにも朝の光がきれいだし、頭がすっきりしている午前中のほうが、いいアイデアがひらめくことも!
朝をいい出だしではじめられた日は、なぜか晩ごはんもおいしいです。

 

 


定番の朝ごはんメニューは?

自家製のパン、ヨーグルト。季節の果物でつくったジャム。コーヒーです。
あとはスープをつけたり、卵をつけたり。

時々、スープのもとを作りおきします。たとえば、かぼちゃと玉ねぎを煮て、ペースト状にしておくとか。
朝、牛乳を足して温めてポタージュに。

 


最近朝にハマっているものや習慣はありますか?

自家製ベルギーワッフルもどき。
早朝、市場へ行く日などは、コーヒーとこれで。
ちょっと甘いものが目が覚める気がして嬉しいのです。

 


朝のお気に入りの場所をこっそり教えてください!

まとまった緑のあるところ。ベランダの鉢植え。家の前の畑でも、市場へ出かける道の途中にある林でも。
同じ風景でも、季節で違って見えるのがたのしいです。

 


朝の元気の源は?

起きたら、窓を開けて空気を入れ替えて、掃除洗濯。
ふつうに家事をすることです。
それから、朝ご飯の時間をきちんととること。

 

そして、朝はじめに淹れる一杯のお茶かお湯。
お茶でも白湯でも、なんでもいいのですが、まず温かい飲みものをとると、体を動かしやすくなる気がします。それから、部屋に飾っている花。
植物の瑞々しさに目が覚める思いがします。

 


目覚めるのがツライ日の、すっきりお目覚め法は?

楽しいことを思い浮かべてみます。おいしいものでも、買いたいものでも、何かしたくなることを考えられれば、それにつられて起きられるので。

 

それも思い浮かばないほど元気の出ない日は…困っちゃいます。もう布団にいるしかないですね(笑)

 


ちょっと落ち込んでいる朝のモチベーションUP法は?

すぐに何かをはじめようとしないで、ゆっくりしながら、お茶をもう一杯飲む。緑を眺める。
そして、朝ごはんを食べながら、家族と話す。話せば元気も出てくるので。

 


朝の過ごし方で気をつけていることは?

前の晩のうちに、使ったもの出したものは片づけておくように気をつけています。
仕事柄、荷物が多く、出しっぱなしにしておくと、目覚めて最初にすることが片づけになってしまうので。
朝やることも増えてしまうし、前日いやなことがあったりすると、それを引きずってしまう気もします。
気持ちを切り替えて、朝を迎えるためにも、心がけています。

 


朝の10分読書にオススメの本は?

「毎日季節を感じたい 今日から暦暮らし」 平野恵理子(著)

 

旧暦に沿った季節のいろいろなこと、暮らしのことがわかる、大好きな本です。イラストもたのしいし、今こんな季節なんだな、ということに気づいて朝出かけたら、いつもの風景も違って見えるかも。

 


これからどのような朝美人(朝型生活)を目指していきたいですか?

素敵だなと思う人は、朝の時間をきちんととっているということに最近気がつきました。
それぞれにやり方は違うのですけど、一日のはじまりを大事にしていることは一緒。
朝の時間を大事にすることで、そういう人に近づけたらいいなあと思います。

 


朝時間.jpを読んでいる方に最後にメッセージをお願いします

日常のことを大切にしたいといつも心がけています。
身の回りのことを、細々としなくてはならない朝。日常のカタマリみたいな時間です。
だからこそ、特別ていねいなことをするというのでなく、ふつうのことをきちんとできたらいいなと思います。いい日をおくるためにも、朝、大事にしたいですね。

 

 

1
開化堂 /
銅製茶筒
開化堂 / 銅製茶筒

うちでも使っていますが、ほんとに使い心地がいいです。なんといっても素晴らしいのは、すっとしまる蓋。だんだんと深まる銅の色合いも好きです。

同じものを買う>>

2
トスカニー /
ブラッドオレンジジュース
トスカニー / ブラッドオレンジジュース

冷たいものはあまりとらないのですが、これは別!オレンジを絞った~!!という感じが、よくわかる濃厚な味がします。暑くなってくると、飲みたくなりますね

同じものを買う>>

3
アントステラ /
アルミ ピンチ SUN 24個入り
 	 	
アントステラ /  アルミ ピンチ SUN 24個入り

洗濯ばさみなんてどうでもいいような気もしますが、毎朝使うものだし、丈夫でプラスチックのように割れたりしないので愛用しています。アルミの質感も軽くて、指でつまんだときの感触が好き。布にあとが残りにくいところもいいと思います。

同じものを買う>>

朝美人のある一日の過ごし方

草花研究家 雨宮ゆかさん

 
【自宅で仕事の日】
7:30
起きる。掃除、洗濯。朝ごはん
9:30
仕事。レッスンの内容を考えたり、原稿を書くのは午前中にとちゅうで、食料品の買い物兼散歩などに出ることも
12:30
お昼ごはん
午後
仕事。気分転換に花の絵を描いたり、本を読む
18:00
晩ごはん 支度をしながら、お酒を飲みだすことも
21:00
お風呂
23:00
就寝
 
【市場へ行く日】
5:30
起きる。朝ごはんその1を作り、コーヒーを淹れる
6:00
車の中で朝ごはんその1。市場へ向かう
6:30
花の仕入れ


9:00
教室にて、花の水揚げ。朝ごはんその2
12:00
お昼ごはん
15:00
レッスン
21:00
晩ごはん
23:00
お風呂
24:00
就寝

草花研究家の雨宮ゆかさん。ありのままに自然に咲いている草花のように、どこかゆったりとおおらかなオーラを持った、彼女。そんな彼女のインタビューは読んでいるだけでもなんだかぐっと惹きこまれてしまいますね…。自然体に楽しむ朝こそが、最高のスタートを応援してくれるような気がしたインタビューでした!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人スタイルの人気ランキング