物価高に対抗!毎日活用したい「神食材」3選

 

おはようございます。ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。

今週から「朝のスキマ時間に学ぶ♪家計管理・お金の基本」というテーマで、お金にまつわるコラムをお届けします。どうぞよろしくお願いします。

物価高に「神食材」でかしこく対抗!

2022年8月の消費者物価指数(総務省)は、生鮮食品を除き2021年の8月と比べて2.8%アップ。これで12カ月連続上昇していることになります。

10月からはアサヒスーパードライ350mlが219円程度から230~240円になるなど、酒類をはじめ多くの品目が値上げされました。

参考:統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI) 全国(最新の月次結果の概要) (stat.go.jp)

スーパー

これからもしばらく続くだろう物価高に、なんとか対抗したいですよね。

今回は、物価高の今こそ、普段の料理にうまく活用したい「神食材」を3つ紹介します。

【1】高コスパ野菜の代表!「もやし」

もやし

屋内の工場で生産されるもやしは、気候に左右されず安定供給されるので、価格に変動が少ない食材。1袋30円から50円ほどで販売されています。

光熱費の上昇によりわずかな値上げもありますが、他の食材に比べて単価が安いので、値上げ額もわずかといえます。

野菜炒めやスープ、ナムルなど、メニューのボリュームアップもできる優秀食材です。

【2】朝の定番食材「たまご」

たまご

たまごは、10個で200円から300円前後で購入でき、様々な食べ方ができる優れものです。

朝食には卵かけごはん、ランチのお弁当には卵焼き、晩ご飯にはスパニッシュオムレツ…など、メインおかずにもなります。

調理法が様々なので工夫して飽きずに毎日使えるお手頃食材といえます。

【3】使いまわしがきく!「豆腐」

豆腐

1丁100円前後で購入でき、価格も安定している豆腐。冷ややっこでサブメニュー、スープや味噌汁の具、湯豆腐や麻婆豆腐、ハンバーグに入れてボリュームアップ…など、使いまわしがきく食材です。

良質なたんぱく質や、女性に嬉しい大豆イソフラボンを摂れるのも嬉しいですね。

***

偶然にもこの3つは白い食材なので、我が家では「神白スリー食材」と名付け、月末ピンチの時によく登場しています。

食材や調理で工夫しながら、食費節約に繋げていきましょう!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のスキマ時間に学ぶ♪家計管理・お金の基本

Written by

稲村優貴子(ファイナンシャルプランナー)

2001年FP資格を取得し独立。2006年から6年間日本FP協会鳥取支部長。現在は Life For You 代表として相談・講演・執筆・メディア出演業務を行っている。相談件数は通算3000件以上。TBSテレビ『マツコの知らない世界』監修、日経WOMAN・北海道新聞・週刊ダイヤモンド等への記事提供、HBCテレビ『イチオシ!』出演等。
著書:『年収の2割が勝手に貯まる家計整え術』(河出書房新社)
得意分野はライフプラン、iDeCo、保険、年金、家計節約、不動産。
資格:ファイナンシャルプランナー(CFP®)、2級心理カウンセラー、野菜ソムリエ、ヨガインストラクター(RYT200)

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング