パイナップルが甘くなかったとき…

 

おはようございます♬

先日買ってきたパイナップルが、甘くなるようにしばらく置いておいたのに良い匂いがしたのに実際にカットしてみたら期待通りの甘味じゃなかったとき…

そんなことってありませんか?

そんなとき、お子様がいらっしゃるおうちなんかではカットしてお水・グラニュー糖(はちみつ)で煮てシロップ煮にする手もありますが

我が家では、夏のお客様への一杯におススメのパイナップル酒にするのが恒例なんです。

パイナップル(芯も使います)を、氷砂糖と自宅にあるお酒、ホワイトリカーやブランデーなどで漬けるだけ。梅酒と違って1週間ほどで飲めるようになるのがポイント♬

数か月もちますが、パイナップルの果肉や芯は数週間で抜き取るのがベスト。

 

炭酸水で割って、来客があったときや食前酒に。そのままで食後のデザート酒として結構活躍してくれるので甘いお酒が好きな方にはおススメです♡

ちなみにブルーベリー、いちご、レモン、みかん、りんごなどでも簡単に作れます♬
美味しい果実酒を作って、夏を楽しむのはいかがでしょうか。皆様、どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング