おはようございます♬

日本では当たり前に買える旬の魚も
アメリカで見つけるのは至難の業。

この間知ったのですがアメリカでは
ヒラメカレイを区別せずflatfishと呼ぶとか…
(直訳すると「平たい魚」確かにそうだけれど)

sea bassことスズキも日本だと出世魚なので
コッパ→セイゴ→フッコ→スズキですが
基本小さいサイズのスズキはyoung sea bassとか

イメージ通りざっくり区別してる感じ。
だからスーパーでお肉屋のコーナーと
魚のコーナーは倍以上サイズが違います。
(お肉は種類も多くて安くて売り場が大きい)

 

そんなアメリカでも海岸沿いに位置するシアトル
魚の種類は中部アメリカと比較すると
はるかに恵まれているようです。特に白身魚が。

そんなわけで今日は夢は漁師になること、な
シェフの友達からもらった
白身魚の切り身を西京漬け風に。

前の晩に仕込んでおいて

翌朝、わかめ・ねぎ・油揚げのお味噌汁と一緒に
THE ニッポンの朝ごはん風にしてみました♬

西京焼きは英語で言うとどうだろう。
marinated with miso paste、でしょうか。

こんなに美味しそうなのに(自画自賛でごめんなさい)
『超』が付く偏食の旦那さんはこれを見るなり
しかめつら。
遠く離れたカウチでシリアルを食べ始めました。

その後は、気が付くと自分の部屋にこもって
アロマキャンドルを炊いていました(コノヤロー)

女子力高いなうちの旦那さん( ;∀;)

好きじゃない人には魚の焼いた匂いって
厳しいんだろうな。とちょっと反省。

でも、アメリカでこういう朝ごはん
作ってみると案外テンションが上がります。

今日も一日頑張れそう。

朝からしっかり和風な朝ごはんでみなさま
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング