おはようございます♬

本日の朝食は昨日の夜に作っておいた
ハワイの伝統スイーツ『バターもち』
コーヒーにしてみました♬

バター&ココナッツミルクの優しい甘みと
モチモチ食感が相まって
食べ出したら止まらない恐ろしいバターもち。

レシピの分量が思った以上に多めだったのに
型に入れるタイミングまで気付かず
実際は写真の1.5倍が出来上がり
改めてその量(とカロリー)に驚愕したのは内緒。

美味しいからいいんです。
もう美味しいからカロリーゼロ( ;∀;)

レシピは、日本で材料を揃えるまでは
ちょっぴり面倒かもしれませんが
買ってしまえば、混ぜて焼くだけの簡単レシピ。

美味しさは保証しますので
気になる方がいらっしゃればご参照ください♬

【ハワイアン バターもち】
※ご安心ください分量は減らしてあります※
◎材料
もち粉:120g
砂糖(あればグラニュー糖):90g
ベーキングパウダー:小さじ1/2
無塩バター:65g
練乳:90g
たまごMサイズ:1個
バニラエッセンス:2振りくらい
ココナッツミルク:110g

◎下準備
無塩バターは(レンジで様子を見ながら)溶かしておく

◎作り方
1:オーブンを180度に余熱
2:ボウルにもち粉・砂糖・ベーキングパウダー
よく混ぜ合わせる
3:2に溶かしたバターを入れて
粉っぽさがなくなるまで混ぜる
4:3にココナッツミルク・卵・バニラエッセンス
全部をよく(よく)混ぜる
5:分量外のバターやオイルを塗った
お好みの(パウンドケーキやカップケーキ)型に
入れ、アルミホイルを被せて1時間ほど焼く
(50分後とかに一度、竹串を刺して確認してみてください)
6:ゆっくり冷まして(我が家の場合は一晩)から
好きな大きさにカットして出来上がり!

 

温かいときにつまみ食いするのもいいんですが
きちんと冷ましてから食べるバターもちの
甘みとモチモチはクセになります♡

苦みのあるコーヒーとの相性ぴったりなので
気になった方はぜひ試してみてください。
(が、本当に超高カロリーなのでどうぞお気を付けて)

 

そうそう、バターもち。
実は秋田にも同じ名前のお菓子があるそうで
(Twitterで見かけて気になってたんです)

水に一晩浸したもち米をつき
ほかの材料(バター・小麦粉・卵黄・砂糖など)
加えて混ぜて作られている
バターを入れることで硬くなりにくく
餅の柔らかな食感が保たれるという特徴があり
このことから伝統的方法で冬に狩猟をする
マタギたちの間で保存食として用いられていた
とはWiki調べ。

今度はこちらも試してみたいと思います。

秋になるとますます美味しいものに敏感になる
そんな気がするのは私だけでしょうか笑

美味しい朝ごはんで一日を楽しく。
皆様どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング