おはようございます♬

「天気が悪いシアトルを飛び出して
海辺の街へ逃亡してみたら…
州全域が快晴だった話」は今日も続きます。

我が家が毎年泊りに来ているこのキャビン。

窓が大きいので朝とっても気持ちがいいんです。

ああ、住みたい、住みたい。住みたい。
(毎日10回は言うので結構嫌がられます 笑)

せっかくなので朝起きてそのまま
コーヒー片手にビーチへ。

ふと看板に目をやると
『車など車両の乗り入れ禁止
4月15日〜レイバーデー(9月の第一月曜日)』

WARNING(注意)
AIRCRAFT LANDING AND TAKING OFF
BEYOND THIS POINT
(航空機はこのポイントから向こうに離着陸します)

車の乗り入れだけでなく飛行機までも
乗り入れOKなワシントン州のビーチ。流石です。
(正確には緊急時に着陸することがあるだけですが)

せっかくなので

凧あげをしたり(凧を上げる=Fly a kite

貝を拾ったりしながらビーチコーミング
beach-combingって、初めて聞きますよね。

辞書によると『浜辺で貝殻などさまざまな
漂着物を拾い集めて観察しながら散策すること』

このかわいらしい柄の貝。Sand dollarと言い
日本ではあまり見かけませんが
ワシントン州では定番の貝。

調べてみると「タコノマクラ目」ウニの仲間!
食べられるのか聞いてみると
中身が少なすぎて食べるもなにも…とのこと。

ちょっぴり残念。笑

 

朝一番にこんな健康的に過ごせたら
痩せそうだなと、シミジミ思っていた矢先に

こちらも我が家がいつもの朝ごはんレストラン。
Our Placeへ。

またもやEggs Benedict(エッグベネディクト)
食べながら、こんなボリュームだもの。

そして日本人らしく「(食べ物を)残さない私」
痩せるわけないわ…涙

 

と、わかりきった事実に打ちのめされて
朝は終わるのでした。

 

そろそろ日本は春の気配。
花粉症と桜の季節が到来かと思います。
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング