おはようございます♬

基本アメリカでは
サービスアニマル(Service Animal)介護動物
大抵の場所へ入ることが可能で
障害者を支援する事をトレーニングされた動物

スーパーやカフェ、レストラン、飛行機などで
サービスアニマル、主に犬を連れている方を
よく見かけます。(時々オウムや豚を連れている方も…)

 

普通に、ペット連れがOKな場所もとても多くて
(食べ物を扱っていますが)カフェやスーパーでも
ペットを連れて行っても大丈夫なところもあるし
バスなんかではとにかくよく見かけます。

 

今朝、朝ごはんのパンを買いに行ったここ
BroadwayにあるQFCというスーパーでは

「きちんと訓練されたサービスアニマルのみ
入店可能です」と書いてあります。ペットはNG。

その看板の右横、この豪華な犬小屋みたいなやつ。
商品(犬小屋)なのかと思って近づいてみると…

DOGSPOT と書いてある。

小屋の右脇には
WE SAVED A SAFE & CLEAN PLACE
FOR
YOUR DOG TO WAIT FOR YOU.
=「あなたを待つ犬に安全で清潔な場所を
的なことが書いてありました。

 

そう、これはペット用の
ロッカーみたいなもの

 

買い物の際、ショップの前の柵などに
無造作にワンちゃんのリードを掛けて
外に置いていくオーナーの方も案外多いですが

最近amazonワーカーが増えて(犬同伴の出勤OK)
高級犬を飼う人も多くなってきたシアトルでは
ペットの盗難事件もチラホラ。

 

そんなわけで始まったこのサービス。

30 MINS FREE=30分無料
Keep An Eye On Your Pup=カメラ付き
Vet Approved=獣医の承認付き
The Perfect Temperature=温度管理もバッチリ
Auto-Sanitizing=自動消毒でいつも清潔
Spacious & Comfortable=広々・快適
Remotely Monitored=遠隔で監視しています

こんな感じでペットオーナーには
嬉しいサービスかもしれません。

 

しかし、案外ケチなシアトル人。
利用する人、いるのかな。

検証のため、これからこのスーパーに行くのが
ちょっと楽しみになりました。

 

12月半ばを過ぎ、忘年会、クリスマス、お正月と
一年で一番慌ただしい時期が来ますね。

朝時間をご覧の全てのみなさまにとって
楽しい季節になりますように。
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング