道を歩けばこのフレーズ☆英語で「お先にどうぞ」

おはようございます♬

今朝はちょっぴりいい天気だったうえに
家で仕事をして良さそうな雰囲気なのをいいことに
3か月という短い留学生 生活中に
よく行った懐かしいカフェでお仕事です。

Roy st.にある「Joe Bar Cafe

居心地がやたらと良かったことは覚えていても
当時、何を良く飲んだのかすっかり忘れて
メニューに見入っていると気づけば後ろに2人の女性。

 

本日のお役立ちフレーズの登場です☆

Please go ahead.(お先にどうぞ)

Go ahead, after you.なんかも良く聞くフレーズ。
アメリカでも(きっとよその国でも)
とにかく、道を通れば、ドアを開ければ聞こえてくるので
ぜひ覚えておいてください。

特に男性はスマートにAfter you.
って言えると素敵かと思いますし

女性は言われたら
私なんかは極度の照れ屋なのですぐに
モジモジしていまいがちですが
ささっと「Thank you.」と笑顔をお返しできると
脇で見ている私は「何コレ、映画?」と
突っ込むことでしょう。うふふ

と、いうわけで滅多にアイスで飲み物を飲まない私も
しっかりアイスモカを注文して仕事にかかろうとおもいます。

あ、朝時間の記事書いてるとあっという間に
10時のおやつの時間だわ。

と、ものすごい言い訳を思いついて
これから追加のクッキーを買って来ようと思います♬

きっと私以外の朝時間のみなさまは
時に優しく、時に厳しく、自分を律することのできる
素敵な女性ばかりだと思うんですが
いかんせん、すぐに「よ~し今日も頑張ったから」とか
「今日は気合を入れないといけない日だから」とか
なんだかんだ理由を付けては自分を甘やかしまくる私。

ごめんなさい。

ここで声を大にしてごめんなさい。

明日から、明日からがんばります(多分)。

と、いうわけでみなさまは
みなさまこそはどうぞSweetな1日いやGWをお過ごしください♡

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング