真冬のニューヨークの朝時間②定番の朝ごはん2つ

 

おはようございます♬

今朝もニューヨークの朝時間をレポートします。
ニューヨークの朝ごはん、と言えば
今やサラベスのエッグベネディクトが有名かと思いますが

今日は2つのオールドファッションをご紹介。

まず1つ目は基本中の基本。
ユダヤ人の多いニューヨークで美味しいもの
と、言えばそう『ベーグル』です!

ここ数年、ベーグルにも美味しいお店が増えていますが
あえて基本に忠実に老舗「Ess-a-Bagle」へ。
(マンハッタン市内のたくさんあるので並ぶ心配がありませんw)

 

 

 

 

 

こんな感じでたくさんあるベーグルの中から
好きなものを選んで、中に挟む具を選びます。

店員さんのおススメ通りにどんどん選んでしまうと
10ドルを超えてしまうこともあるので要注意w

今回はガーリックベーグルに
チキンサラダとチェダーチーズをチョイスしてみました。

 

 

 

 

 

コーヒーと合わせて6ドル強。
なんでも高いマンハッタンでベーグルは節約メニューの1つ。

Ess-a-Bagleの特徴は風味が良いこと
外はしっかり中はもっちりしているところ。

そうそう、選んだベーグルは
トーストしてもらうことも可能なので
具にチーズを選んだときなどには
ぜひ挑戦してみてください。

大きなベーグルは昼ご飯がいらないくらい。
これもまた節約メニューたるゆえんかと思います。

みなさんもニューヨークにおいでの際には
ぜひ召し上がってみてくださいね♬

 

そして、もう1つのクラッシックなメニューが
映画『恋人たちの予感(When Harry met Sally…)」でも
有名な『Katz’s Delicatessen』のパストラミサンド。

 

 

 

 

 

ここはなかなかトリッキーなお店なので要注意。

まず、お店に入ると1枚の黄色い札を渡されます。

この札は注文のときと
お会計の時に必要なので失くさないように気を付けて。

この日も札を失くしたカップルが
おじさんに怒られていましたw

店内に入るとNo.2-6の「サンドイッチのオーダー」の列に。
並んで待っているとこんな感じでおじさんが
切れ味するどい包丁をシャカシャカ言わせながら
注文を聞いてくれます。

待っている間は名物パストラミを数切れ
味見用に食べさせてくれるので遠慮なくどうぞ♬

注文が終わったら開いている席に座って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな口でかぶりついてください。

朝は8時から週末は24時間で営業しているので
朝ごはんでなく、飲んだ〆にもぴったり。

いつも混んでいるけれど
1人でも大勢でも楽しいお店なので
ニューヨークに来たな!って感じがします。
(お会計は現金またはアメリカの銀行発行の
デビットカードのみなのでこちらも要注意です)

ただ、20年前は12ドルくらいだった
このパストラミサンドイッチ
今回はびっくりの税込24ドル超えでした…

とはいえ100年以上の歴史がある老舗で
映画の登場人物気分で食事ができる
そんなことを加味したら
映画ファンのみなさまにはおススメです♬

そんなわけで今朝はニューヨークの
朝食におすすめの古典的なデリ2つ
ご紹介しました。

朝からもっちりベーグルでしっかり朝ごはんはいかが?
みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング