これもあり?!少し遅めの朝食には

 

ギュナイドゥン!おはようございます。

週末は近場へちょっと旅行へ行ってきました。
早起きをして船に乗りイスタンブールから1時間半のブルサと言う古都へ。

ブルサの見所はたくさんあるのですが、今回は日帰り旅行とのことで
時間が限られているので外せない場所を事前にピックアップしルートも確認。

基本的には計画なしのダラダラ旅行が好きなのですが、
事前準備ばっちりで目標達成していく感じの旅行もたまには良いものですね。

 

船に乗り到着してまず最初に訪れたのは、ミネラルウォーターの水源にも
なっているウルダー(ウル山)の麓にあるジュマルクズク。
古い民家がオスマン帝国当時から残る貴重な文化遺産の場所なんだとか。
山の麓だからか空気もとっても澄んでいて美味しい。

 

また、ここは古い民家を利用した朝食屋さんがたくさんあり
朝食の場所としても有名なんだとか。

朝食の有名な場所とのことで、ここで朝食を取りたいところですが
少し我慢して朝食は次の場所で。
次回の訪問時には是非ここで朝食を食べたいな。と心の中で思いながら。

 

そして、今回の朝食として選ばれたのはブルサの名物【イスケンデルケバブ】。

カットされたパンの上にヨーグルト、その上にドネルケバブ(薄切りのお肉)。
食べる前に熱々の溶かしバターをかけていただきます。
かなりのボリュームとカロリーなのは間違いなしです。

今回、イスケンデルケバブはどうしても外したくなく。
しかし、有名店のランチ時間はとっても混むとのことから
時間ロスを考え朝食として選ばれました。

朝食としてはかなり重めですが、朝早くから動いてお腹ペコペコだからか?
ヨーグルトがかかっているからか?予想外にもペロリと完食。

毎朝、これを食べていては大変ですが、たまの旅行ではありですよね?これも。

 

 

遅めの朝食の後は、お茶休憩も入れながらブルサの有名モスクを周り
予定どおりの船に乗りイスタンブールへ戻ってきました。

駆け足でまわりましたが、行きたい場所にも全て行け、
美味しいものも食べてとっても満足な日帰り旅行でした。

家でのいつもの定番朝食も安心感がありとっても落ち着きますが、
いつもと違う場所で変わった朝食もたまにはいいものですね♪

 

それでは、みなさま良い一日をお過ごしください。
iyi gunler (良い一日を)!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【トルコ】ギュナイドゥン!おはようイスタンブール♪

トルコ共和国・イスタンブール在住レポーターから届く朝時間
Written by

zakky(トルコ共和国在住)

(トルコ共和国・イスタンブール在住)
タイトルの「ギュナイドゥン」はトルコ語で【おはよう】の意味です。旅の途中で訪れたイスタンブールの景色にひとめぼれ。居心地の良さを感じ、そして不思議なご縁も重なりこの地へ。ヨーロッパとアジアが交差し、様々な文化が混ざり合い、歴史とモダンがミックス。色んなミックスがいっぱいの海辺の街イスタンブールより朝時間をお届けします。現在はネットショップオーナーとして、また自身のアトリエを持つため奮闘中です。
ネットショップ「プレゼントコンシェルジュ CHEZAKKY(シェザッキー)」
店長ブログはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング