英語で「○○するの初めて」※微妙なトピックです※

 

おはようございます♬

なんでもない朝にTVを見ていたらあの恐ろしい発信音が…
※画像は数年前に初めて見たときに撮影したものです※

amber alart

 

 

 

 

 

 

これは「AMBER Alertアンバーアラート」と言って
児童(未成年者)の誘拐事件や行方不明事件事件が発生した際
テレビやラジオなどの公衆メディアを通じて
発令される緊急事態宣言(警報)の一種で
全米では97%の携帯電話にも警告が通知されます。

内容は児童がいなくなった際の
・場所・服装・児童の特徴・連れ去った車のナンバーなど
これを聞くのは思ったより頻繁なので
初めてこのアラートを見てから何年経っても
警告音が流れるだけでドキドキしてしまいます。

日本とは比較にならないほど
子供の行方不明事件や誘拐事件が多いアメリカ。

このアラートのおかげで一定の成果は出ているらしいのですが…
とだんだん朝にふさわしくない悲しいお話になりそうなので

 

 

少し気分を変えて今週のお役立ちフレーズを。

○○するの初めて」を英語で言いたいとき
my first timeまではスルリと出てくるのではないでしょうか。

しかしここからが厄介。
学校で習ったことを真面目に覚えている人は
to 不定詞がいいのか、動名詞がいいのか。

そして私のようになんとなーく音のつながりで考えている人は
first timeときたらto〜かしら?

実はネイティブの言い回しを聞いていると
自然なのは「my first time 〜ing」と動名詞に軍配。

to 不定詞も間違いではないのですが
よりナチュラルに聞こえるのは動名詞(〜ing)と覚えておいてください。

例)This is my first time hearing the alert.
このアラートを聞いたのは初めて。

と、いうことで朝から気が滅入る話からスタートしてしまって
ごめんなさい(/ω\)…

このアンバーアラートが鳴らなくなる日が来ますように。
みなさま、どうぞSweetな1日を!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング