おはようございます♬
感謝祭が終わって、クリスマスの準備が始まるアメリカです。

今日、ふと学んだ英語フレーズ。
東海岸出身の友達がよく会話の途中で言う”What about it?

え、それどういう意味?(=What do you mean?)」的に使われている模様。

話をしていて、時々このツッコミを受けると
(意味がよくわからなくて)焦ってあたふたしていた頃が懐かしいけれど

まだ自分の口からスラスラと出てくることはありません( ;∀;)
早く自分のものにしたいなぁ。
※東海岸ぽいと言うのは個人の感想です。
シアトル人と会話しているとあまり出てこないので※

 

とはいえ普段の会話の”What about it?”
「で?」と話を促したり
「え?何か変だった?」と確認したり。

また、ケンカ腰で言うと「それがどうしたっていうわけ?」(; ・`д・´)
のような印象に。

文脈で意味が変わる『使えるフレーズ』

 

では今度はWhatをHowに変えて
How about it?“だったらどうなるか、わかりますか?

正解は「どんな感じ?」や「これ、どう?」になります。

wall 2

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで部屋の片隅にこんなはしごを用意してみました。

wall 3

 

 

 

 

 

 

How about this?=どうですか?

お粗末な〆ではありますが、今日はこの辺で。
日本では雪が降ったり、雨が降ったり
どんどん冬を実感する日々が続きますね。

あったかくして風邪などひきませんように。
みなさまどうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング