おはようございます♬

今朝、ごみを捨てるために玄関を開けたら
なんとそこに…

cut it out

 

 

 

 

 

 

リスがいた♡( *´艸`)♡

慌てて家に戻って、おやつになりそうなものを持ってきたら
お隣さんが一言

Chiho, stop it.“=ちほ、やめて!

どうやらリスは見た目はかわいいけれど
触ると病気が伝染る可能性があるらしいのです…

危ないところだった(ΦωΦ)

と、いうことで今朝の一言は「やめて」のいろいろ
私たちがすぐ思い浮かぶのは

学校で習った
Stop it.=これは(今していることを)やめて、というイメージ。
Drop it. にも同じようなイメージがあります。

映画やドラマでよく聞く
Cut it out.
ケンカの仲裁やうっとうしいことをされているときに言うイメージ。

少々気の荒い感じの男性が言うなら
Fuck off! あまりマネしないほうがいいかもw

最後にKnock it off! となると
静かにしてよ!やめなよ!的に使えます。

アメリカではあちこちで見かけるこのリス。
かわいいからと言って近づくのは考えもののようです( ;∀;)

シアトルにはほとんど雪は降りませんので
冬支度、とまではいかないけれど
やっぱり少しぽっちゃりしていたうちのリスちゃん。

無事に冬を越せますように…
それではみなさま、今日もどうぞSweetな1日を♡

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング