朝食で痩せやすくなる方法は?「セカンドミール効果」に注目!

IMG_8521

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

あなたは朝食に何を食べていますか?朝時間.jpでは美味しそうな朝食が多数紹介されていますよね。朝食を抜くのは太りやすくなる原因ですので、時間がなくても毎朝食べる習慣を付けたいものです。ダイエット中でしたら、朝食には「セカンドミール効果」を狙ったメニューがおすすめです。

セカンドミール効果とは?

IMG_8523

「セカンドミール効果」とは、最初に摂る食事が次の食事に影響を及ぼすことです。

食事の最初に野菜や海藻類など食物繊維が豊富な物を食べると、血糖値の急上昇が抑えられて太りにくくなるのがベジタブルファーストです。

「セカンドミール効果」はそれと似ていますが、最初に摂る食事そのものが、次に摂る食事の血糖値上昇率に影響を与えるというもの。朝食でGI値の低い物を食べると、朝食後のみならず昼食後の血糖値上昇も抑えてくれるのです。

「セカンドミール効果」を狙った朝食

IMG_8522

朝食に食べる物により、昼食を食べた後の血糖値上昇が抑えられる。つまり、朝食に何を食べるかが、太りにくさを左右するのです!では、ダイエットに効果的なセカンドミール効果を狙った朝食とはどんなものでしょうか?

それは、食物繊維をたっぷり摂ること。野菜、海藻類、きのこ類など食物繊維を多く含む食材を食事の最初にしっかりと食べましょう。食物繊維を多めに摂ることで、昼食までの空腹感が抑えられ、ランチで食べ過ぎてしまうことも防げます。

 時間がない日におすすめの朝食

3675f6da4c73d668f4418a87468b3769_s

寝坊した朝など時間がない日にも、「セカンドミール効果」を狙った朝食を摂りたいですよね。朝食を抜いてしまうと、夕食から昼食まで長時間空腹状態が続くため、昼食後に血糖値が急上昇して太りやすくなります。

時間がない時のおすすめはもずく酢。パックで売っているもずく酢を常備しておけば、冷蔵庫から出してすぐに食べられます。

チュルチュルと喉越しが良く、食欲がない朝でも食べやすいのもいいですね。もずくは水溶性食物繊維が豊富で、お酢にも血糖値を下げる効果があります。夏バテ対策や疲労回復にも役立ちます。もずく酢にきゅうりの千切り、しらす干しを混ぜて豆腐にかければ野菜とたんぱく質も摂れるダイエット朝食に。

1日のうち最初に食べる朝食は、健康にもダイエットにも美容にも様々な役割を担う大切な食事です。毎朝楽しみながら美味しく食べて、健康美人を目指しましょう。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング