スキンタイプ別「日焼け対策」

 

imasia_3219206_M

脱毛期間中の日焼けはNG!

ご存じの通り、レーザー脱毛は黒い色に反応するように出来ています。そのため、日焼けをしてしまった黒い肌にレーザーを当ててしまうと、様々なリスクが生じやすくなります。例えば以下3つがあげられます。

  • 火傷
  • 色素沈着
  • レーザー照射時の痛みが強くなる

また、日焼けをしていると、レーザー脱毛による効果も半減してしまうため、治療期間中はしっかり日焼け対策をしましょう。日焼け対策には、その人のスキンタイプにあった日焼け対策がおすすめです。

 

スキンタイプとは?

スキンタイプとは、 紫外線に当たった時の、肌の反応の違いによって、6つのタイプに分けられます。

Ⅰ:常に赤くなる
Ⅱ:常に赤くなり、その後少し黒くなる
Ⅲ: 時々赤くなり、必ず黒くなる
Ⅳ:赤くならず、必ず黒くなる
Ⅴ:皮膚色がとても黒い
Ⅵ:黒人

日本人の場合、大部分の人がスキンタイプⅡ~Ⅳに該当します。

 

紫外線の種類

紫外線には「UVA」と「UVB」という2種類があります。

UVAは肌の色を黒くする紫外線です。UVBは、日焼けした際に肌が赤くなる原因の紫外線です。また、皮膚癌や光老化の主な原因もこのUVBによるものです。

 

日焼け止めの性能表示の見方

日焼け止めを見ると、「SPF」「PA」という値が使われていると思います。まずSPFについてですが、これは「UVBに対する防御効果」を表しています。UVBによる肌の赤みを防ぐ効果ですね。

次にPAについてですが、「UVAに対する防御効果」を表していて、 UVAによって肌が黒くなるを防ぐ効果を表しています。

 

スキンタイプ別の紫外線対策を!

スキンタイプⅠ~Ⅱの肌が赤くなりやすい人は、UVB対策をしっかりしましょう。そのために、SPF値が高めの日焼け止めを選ぶことが効果的です。

スキンタイプⅢ~Ⅴの肌が黒くなりやすい人は、UVA対策が必要です。PA+++の日焼け止めを使って、美白を目指しましょう。

また、日焼け止めは一度塗ったらそれで終わりではありません。きちんとした日焼け止め効果を期待するならば、3~4時間置きの塗り直しが必要となります。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

お肌のための、朝の暮し方

プロが教える、朝のスキンケア術、メイク、美容情報
Written by

スキンケア大学

10年後も美しくありたいと願う女性にとってお肌の悩みはつきないもの、たくさんある情報の中でどれを選んで良いかわからないという方のも多いのでは?そんな方のためにスキンケア大学では、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案します。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング