おはようございます♬

シアトルは東南アジア系の移民が多いので、各国の食材を買うのが割と容易い街と言えると思います。通常の食材だけでなく、トロピカルなフルーツも安くて美味しいものが手に入るので、今朝はこちらのランブータン。

「ランプ―タン」プ!と思っていたけれど、『ランブータン』ブ!だったんですね( ゚Д゚)

学びました。

 

ランブータン=Rambutanは、東南アジア原産の熱帯の果樹。マレー語でrambutは「毛」「髪」を意味し、それに接尾辞-an(~もの)が付いて「毛の(生えた)もの」という語義を持つ、とウィキには書いてありました。

食べ方は個人的に冷凍して、果実の真ん中にぐさっとナイフを刺してくるっと一回し。皮をひっぱると簡単につるんと剥けます。中の種も大きいので食べやすい。ライチみたいな感じです。

最近は日本でも見かけることが増えたのでは?美味しくてヘルシーなおやつランブータン、おすすめです!美味しいおやつを食べて楽しく一日を過ごしましょう♬皆様、どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング