おはようございます♬

アメリカに来てから愛用しているレシピサイトに
最近、インスタで流行していると書いてあったので(笑)

#アサカシ

というものをやってみました♬
アサカシとは、ズバリ朝食べるお菓子のこと。
どうやら甘いものを早い時間に食べてしまえ
というなんとも切ない乙女心がうかがえる
私にぴったり(?)なハッシュタグ。

そんなわけで早速…

 

 

 

 

 

 

いただきものの
羊羹とミニ大福、そして最中をいただいてみました♡
(すみません、興奮しすぎて最中が割れた…涙)

オットマンに載せて
改まって正座などして食べてみましたおほ。

 

 

と、ここでいつもの通りに
お役立ち英語フレーズをご紹介したいのですが
和菓子、甘いものに関するのがすぐ思い浮かばない…

そんなわけで私が渡米してから
いつも言おうとするたびに頭の中で
しっくりこなかったこのフレーズ
「うらやましいなぁ」の言い方、をご紹介します。

 

いいなぁ、うらやましいなって言葉を英語に
頭で考えるとすぐ出てきそうなのがEnvy。

I envy you.

文法的には間違いじゃないし
ネイティブもこれを言われて気分を悪くするわけでもない。
ですが、なんだか言っててちょっと腑に落ちない。

そんなわけで14年前に英語を教えてくれた
友人に聞いてきました。ネイティブはこんな感じ。

I’m jealous!(いいなぁ、うらやましいなぁ)
soを付けてI’m so jealous!(超うらやましい)
これ不思議なことに
ジェラシーってカタカナで書くと
嫉妬のイメージと相まってあんまり良い印象がない。

でも、英語ではそういうイメージがないのでご安心を。
そしてうちの義母はよく「I’m jelly!(いいな!)」を使います。
Jellyはもちろんゼリーのこと、
Jealousから派生したスラングみたいですが
もしかしたら中年女性英語かもしれないので
お取り扱いにはご注意を(笑)

先日、よく見かけるので
家族の食事のときに「Delish(美味しそう)!」と
スラングを使ってみたところ「わわ、おばさん」と
大学生の旦那さんの従兄弟たちにからかわれたばかりなので
少々、スラング恐怖症に陥っております( ;∀;)

まぁ、そんなことは気にせず
英語を話すコツは文法でも上手に、でもない。

どや顔=smug face です。
みなさま、なにごともどや顔でSweetな1日を♡

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング