エレガントな空間で特別な朝を。シカゴ話題のニュースポット

街がイルミネーションや装飾で彩られるクリスマスシーズンはいくつになっても浮かれ気分になってしまいます。「クリスマスだし」とちょっと自分を甘やかしたくなったり。

 

そんな先週のブランチは、贅沢な気分を味わうべく話題のニュースポット「3 Arts Club Café」というレストランに行きました。

 

シカゴでも屈指の高級住宅街であり高級ブティックやレストランが軒を連ねる、ゴールドコーストと呼ばれるエリアに位置する「3 Arts Club Cafe」。高級家具ブランドのRestoration Hardwareがギャラリーとして改装した建物内でモーニングやランチを提供しています。

建物すべてが家具の展示場になっていて、レストランで使用されている家具もすべて買うことができるそう。レストラン横にはカフェが併設されていて購入した飲み物を飲みながら自由に見学できるようになっています。実際、ワインやカクテルを飲みながらまるで我が家のようにソファでくつろぐ人がたくさんいました。

 

この建物が話題になっているのは何といっても豪華な内装。重厚感のあるレンガ造りの建物の中は、天窓の吹き抜けにきらびやかなシャンデリアと高級な家具が並び、洗練された空間が広がっています。

メニューはモーニングのラインナップは少なめでした。グラノーラかスクランブルエッグというくらい。あとはランチメニューのサンドイッチが中心。チョコレートチップクッキーはなんと9ドル(約1000円)もしました。どんなものか頼んで見たかったですが泣く泣く断念。

 

今回はモーニングメニューからスクランブルエッグとアボカドにトーストがついたRH Scramble を。Crème Frâiche入りの濃厚でとろとろなスクランブルエッグにブリオッシュのような香ばしいバターの香りが広がるトースト。とてもシンプルだけど上品な味でした。アボカドも塩と胡椒にオリーブオイルをかけただけでこんなに美味しいんだと驚きでした。

クリスマスや年末の特別な時に過ごすにはぴったり。まるでゆっくりと時間が流れているかのような贅沢な朝を過ごすことができました。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シカゴ】Our Morning Stories

米国・シカゴ在住レポーターから届く朝時間
Written by

Ayumi(アメリカ在住)

(アメリカ・シカゴ在住)
シカゴ郊外での暮らしも1年半が経ちました。小さい頃から早起きは得意で、朝ごはんをこよなく愛しています。朝時間を通して出会った風景やお店、人。シカゴらしさを見つけながらそれぞれのStoryを発信していきます。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング