答えを先延ばしにしたいときの「考えておく」を英語で言うと?

毎日更新!連載「毎朝1つずつ覚えよう!英会話の鉄板フレーズ」では、日常会話でよく使われる、英語の基本的な「鉄板フレーズ」を、毎朝1つずつご紹介します♪

HE138_L

I’ll think about it (=考えておくよ。)

結論を先送りにしたいときに使用します。生返事とも受け取られますが、気の進まないことを遠回しに伝えたいときには、このような表現も必要です。似たフレーズに、I’ll give it some thought. / I’ll consider it. / I’ll decide later.があります。

A: Can you talk to him personally about the matter?

B: I’ll think about it.

———-
A: この件について、彼と内々で話し合ってくれるかしら。

B: 考えておくよ。

…となります。

いかがでしたか?明日もお楽しみに!

このコンテンツをスマホで聴こう!アプリダウンロードはこちら >>

(コンテンツ公式提供:コスモピア株式会社「使える 英会話鉄板表現160」(著者:浦島久)

この記事を書いた人
Nice to meet you!

1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン

毎朝1つずつ覚えたい英語の使えるフレーズをご紹介♪
Written by

編集部(協力:eステ)

【英語トレーニングWebサイト】https://e-st.cosmopier.com/

コスモピアeステーション(eステ)』は、オンラインベースの語学学習プラットホームです。
シャドーイングをメイントレーニングに捉えた「英語聞き放題コース」や、やさしい英語をたくさん読む多読ができる「英語読み放題コース」のほかに、オンライン英会話のネイティブキャンプさんとのプロジェクトで、聞く・読む・話すがすべてトレーニングできる「英語話し放題コース」も好評展開中です。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング