P-Patch:シアトルの小さな庭の家庭菜園

 

おはようございます♬

今朝は、シアトル独特の呼び名ではありつつも
みなさんには聞き覚えのある「共同家庭菜園」のお話と
Sayを使ったお役立ちフレーズをご紹介したいと思います。

アメリカでも近隣の住人が集まり
共同で敷地を借りて野菜やフルーツを育てる習慣があるのですが
シアトルではそういった「共同の家庭菜園」は
P-Patchと呼ばれ、とても人気があります。

うちの近所にもちらほら。
そんなわけで渡米して3年。
お花でも観葉植物でもすぐ枯らせる私ですが
旦那さんの実家のスペースに義父と2人
共同で野菜を育ててみようプロジェクトをスタートしました!

p-patch

 

 

 

 

 

家庭菜園

 

 

 

 

オクラ・パクチー・パセリ・ほうれん草・レタス
さやいんげん・とまと・唐辛子・いちごと
それぞれが思い思いに買ってきた種を撒いて

2週間が経ち

オーガニック

 

 

 

 

1か月が過ぎた頃にはこんな感じ。

家庭菜園

 

 

 

 

種を撒いてひと月半

ついにレタスとほうれん草、トマトとバジルを収穫する日が来ました!

オーガニックサラダ

 

 

 

 

じゃじゃ~ん!

バーベキューに合わせて、サラダとカプレーゼをサーブ。

心なしか(きっと気のせいですがw)
自分で育てたサラダはとっても優しい味がしました( *´艸`)

これまで家庭菜園なんて
これっぽっちも興味がなかったのに不思議ですよね。

次はさやいんげんとパクチーが育つ頃。
これからしばらくは
オーガニック野菜ライフ続きそうです。

と、いうことで唐突ですが
ここで「Say」を使ったお役立ちフレーズを♬

(even) though I say it myself自分で言うのもなんだけど

なかなか上手に野菜を育てられているとは思いませんか?
わはははは(*’▽’)

そのほかにこんなフレーズも。
本当に=I must say
その通り=You can say that again.

まさか!=You don’t say.
私が言いたいのは=I mean to say
言いたいことはわかってるよ=Say no more.

と、唐突に始まり唐突に終わってみました。
でも嗚呼、日本のきゅうりとなすが食べたい(ノД`)・゜・。

みなさん美味しいお野菜でパワーチャージ。
今年の夏も乗り切ってくださいね!

では、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング