シミは作らない!日焼けしてしまった後のケアアイテム

 

少しずつ暑さは和らいできましたが、紫外線は相変わらず。
これからスポーツの秋、行楽シーズンに突入すると、油断して日焼けしてしまうことも多くなります。
日焼けしてしてそのままだとシミの原因になってしまうので、適切な処置でお肌を守りましょう。
今回は、自宅できるアフターケアに役立つアイテムをご紹介します。


正しいケアの方法とは?


日焼けした後の肌は、軽い火傷の状態なので過度な刺激を与えず、しっかりと冷やすことが大切。
(皮がむけてしまったり、水ぶくれができた場合にはすぐに病院に行きましょう。)

肌を冷やし赤みや痛みがひいたら、水分が失われて乾燥した肌にたっぷり化粧水をつけて保湿をします。
惜しみなく使える安価な化粧水を優しくパッティングして、普段の3倍から5倍入れ込むと◎。
手でパッティングするよりも、コットンで優しくクルクルすると肌表面の凹凸に左右されずしっかりと浸透します。

詳しいケア方法はこちらのサイトも参考に♪
うっかり日焼けしちゃった…人のための基本アフターケア
間違いだらけの日焼け後スキンケア

 


日焼け後のケアにおすすめのアイテム




◆肌の火照りを抑えるカラミンパウダー

カラミンは、皮膚を保護し、火傷などの炎症を
やわらげるとして古くから使われている塗り薬です。
パッティングすれば火照りが早く治まりますよ!
ニキビ、美白にも効果があります。

◆メンターム 薬用カラミンローション
http://item.rakuten.co.jp/drugpure/10013566/





◆火傷や肌荒れに利く、自然派ケアアイテム!

馬油は昔から火傷や肌荒れなどの民間治療薬として
広く知られ、また食用にも使われるように副作用がなく、
漢方でも使われています。
皮膚への浸透力が高く、人の皮脂にもっとも近い成分でできているのも特徴。肌のうるおいを保つ効果がありますよ!

◆ネオナチュラル馬油クリーム
http://item.rakuten.co.jp/neo-natural/neo-bayu/#neo-bayu


 




◆焼けて敏感になった乾燥肌にも使えるクリーム

ドイツのオーガニックブランド、Dr.ハウシュカのサンローションはフェイスにもボディにも使えるアイテム。
保水効果の高いアイスプラントなどの成分が肌のうるおいを
長時間守り、ローズヒップオイルでなめらかに保ちます。

◆Dr.ハウシュカ アフターサンローション
http://item.rakuten.co.jp/koiki-eshop/004-0054/




◆ぴたっと密着するマスクでたっぷり保湿!

美容液がたっぷりしみこんだシートマスクで水分補給と
保湿を行いましょう。
ストレッチが利いているので肌にピッタリと密着してくれます。
1枚2400円のお値段は伊達じゃありません!
くすみやリフトアップにも効果が期待できますよ♪

◆SK-II スキン シグネチャー 3D リディファイニング マスク
http://item.rakuten.co.jp/ritz/ss3d-r-mask/





◆内側からも対策!簡単ビタミン補給

外からのケアも大切ですが、内側からのケアも忘れずに!
ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の
生成を抑える効果があるほか、肌のハリの元となる
コラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きも!

◆ファンケル ビタミンC
http://item.rakuten.co.jp/hokkaido-gourmation/11-0433-270/




気になる商品は見つかりましたか?
日焼け後は正しくケアして、肌美人を目指しましょう♪

 

関連記事

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング