s-ST330671

わたしのところには、まいにち本当に色んな所からお客様が訪ねてきてくださいます。

今日は東京の方でしたが、昨日は広島から、その前はタイのバンコクから・・・。

昨年はオランダやシンガポールからも。
(もちろん日本人の方です。笑)

本当に遠くから探してきてくださり、なんて御礼を言っていいか・・・。でも嬉しいです。

さてそんな皆さまに、最初にお名前やご住所を手書きでご記入いただいているのですが、その際にこの羽の形をした透明のボールペンを使っていただいています。

正直書きやすいかどうか?といったら微妙ですが、このクリアな透明感に惹かれました。

ぜひこのペンを手にするお客様には、自らをクリアにさせ、素の自分と真正面から向き合っていただけたらなって。

そして最終的には、このペンのように大きな羽で大きく羽ばたき、一緒に透明感のある女性を目指していけたら嬉しいなという思いあって、選びました。

ちなみに「羽」という感じは、2009年の私の選んだ漢字一文字でした。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

色のひと(R)七江亜紀のまいにちがカラフル日和[更新終了]

公式ブログ
色の使い方で毎日が変わる!色のひと(R)七江亜紀さんの日常[更新終了]
Written by

七江亜紀

色のひと ®/カラーキューレーター ®/株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなものの価値向上を図る。また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング