英語「Certainly」の使い方って?

 
毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」朝時間.jpのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。ビジネスシーンや日常生活での会話を例に、覚えておきたい英語フレーズやキーワードをご紹介します♪

英語「Certainly」の使い方って?

ホテル受付の男性

日本からオーストラリアに旅行に来たヒロシが、慣れない英語を使い、ホテルでチェックインの手続きをしています。





Hiroshi: Uh… hello. We want to… check in.
(ヒロシ:えー……ハロー。チェックイン……したいのですが)

 

Front desk clerk: Certainly. May I have your name, please?
(フロント:もちろんです「ネーム(お名前)」をいただけますか

 

H: Sorry… nine what?
(ヒロシ:すいません……「ナイン(9)」何ですか)

 

FDC: Uh… may I see your passport?
(フロント:えーと……パスポートを拝見させていただけますか)

 

H: Oh, yes. Here you are.
(ヒロシ:ああ、はい。どうぞ

 

FDC: Thank you.
(フロント:ありがとうございます)

出典:キャスリーン・フィッシュマン 坂本光代 コスモピア編集部 編『日常英会話。ほんとに使える英語表現500』

覚えたいフレーズ&キーワード

  • Certainly.:もちろんです。/ 承知しました。
  • May I have your name, please?:お名前を教えていただけますか?
  • Here you are.:どうぞ。/ こちらです。

「May I ~ ?」は、相手になにかお願いしたいときの丁寧なフレーズ。

慣れない土地に海外旅行に行くときは「May I help you?(ちょっといいですか?/ちょっと助けてもらえませんか?)」「May I ask you something?(ちょっと質問してよいですか?)」などのフレーズを覚えておきましょう!

☆明日のレッスンもお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン

毎朝1つずつ覚えて英語力を磨こう!海外旅行やビジネスに役立つ英語・英会話フレーズをご紹介する、ひとこと英語レッスンコラム。 定番の英語フレーズや英語のスラング、英会話に欠かせない挨拶などを、毎日更新!
Written by

編集部(協力:eステ)

【英語トレーニングWebサイト】 https://e-st.cosmopier.com/

コスモピアeステーション(eステ)』は、オンラインベースの語学学習プラットホームです。シャドーイングをメイントレーニングに捉えた「英語聞き放題コース」や、やさしい英語をたくさん読む多読ができる「英語読み放題コース」のほかに、オンライン英会話のネイティブキャンプさんとのプロジェクトで、聞く・読む・話すがすべてトレーニングできる「英語話し放題コース」も好評展開中です。

▼幼児から小学生のための英語学習情報サイト
「子ども英語ブッククラブ」 https://kids-ebc.com/

▼音声付き英語の本が読み放題!子どものための英語電子図書館
「eステKids」 https://e-st.kids-ebc.com/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング