おはようございます♬

前回の感謝祭の翌日に行ってきた
バンクーバー(カナダ)編に続き

同じくシアトルから車で約3時間
お隣、オレゴン州のポートランド(アメリカ)
クリスマスの翌日行ってきた話を…

 

 

前回ご紹介したように
バンクーバー、シアトル、ポートランドは
Pacific Northwest(太平洋北西部)にある
割と似たり寄ったりのだんご3兄弟的な街。

ただバンクーバーと決定的に違うのは

壁に描かれたアートを見るとわかります。

このアート。個人的には
ものすごくポートランドぽいんです。

 

クリスマスの翌日だというのに
街中にはあまりクリスマス感がない。

むしろこういう感じの

夜見たらちょっぴり怖そうな

そういうクリスマス感しかない…笑

 

少し歩くとまたこんな感じで

クリスマス感かと思いきや

ありとあらゆる人形が置いてあるお店
なだけだったり…笑

 

 

それがポートランド
※語弊・誤解がありますが今回はあえてこんな感じで進めます※

 

この街は自らKeep Portland Weird
訳すなら「ポートランドをキモいままで」
そんなことを自分で言えちゃう街なのです。

 

そういうところがバンクーバーとは全然違うけど
シアトルには(オタクが多いので…笑)近いところ。

 

なんだかんだと、前回ご紹介したように
とにかくわりと似ているから
お互いのことをあまり褒めたがらない
そんなだんご3兄弟的な
バンクーバー&シアトル&ポートランド

 

あえてシアトルの立場から言うならば
ポートランドには消費税がないから買い物天国。
全体がコンパクトなので街歩きも楽しい。
オーガニックやサステナブル、エコに関する
意識が相当高い。
フードカード(屋台みたいな感じ)も多いので
安くて手軽に食事ができるのも◎
それがポートランド。
わかっていただけましたでしょうか。

 

ちなみにポートランドの魅力はこの
ポートランドが予想の斜め上を行きすぎる!
を読むとますますわかります。

 

 

 

 

さて、だんご3兄弟シリーズ
バンクーバー編に続いたポートランド編。
いかがでしたでしょうか。

 

本当は夜中になると酔っぱらいが大行列を成す
ブードゥー人形がモチーフのドーナツで
有名な24時間営業のドーナツ屋さん
VooDoo Doughnutをご紹介したかったのですが
これはやっぱり夜中の食べ物。

朝時間っぽく、この日の朝は
ジャンクで安いドーナツではなく
品質にこだわったBlue Star Donutsへ。

ほらちゃんと看板にも『Quality Over Quantity
=『量より質』って書いてあります。

通常50種類くらいあって1ダースで買っても
10-22ドルで買えるブードゥードーナツと違い

こちらBlue Starは通常約10種類程度で
1つ3-4ドル。

確かに量より質です。(個人的にはブードゥー派)

 

2週に亘ってバンクーバーとポートランドという
シアトルの兄弟的都市のご紹介しましたが
2019年のネタもそろそろ終了。

次回からフレッシュでちょっとだけ
みなさまのお役に立てそうな朝時間
お届けできたらなと思います。

ドーナツの朝ごはんはなんともアメリカ的。
でも、苦めのコーヒーとドーナツで
みなさまも朝を始めてみてはいかがでしょうか。

1月半ば。まだまだ新年会などで
忙しい日々と思いますが、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング