BLOG

早起きするだけじゃ意味がない!?「なりたい自分」になるために1番大事なコト

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバー、のの(@nono_spgr)です!

「朝渋」メンバー、ののさん

2018年の6月から早起きコミュニティ『朝渋』に参加しており、朝型生活を満喫しております!

以前の私は、ただ早く起きるだけの空っぽ人間でしたが、今は22時に寝て4時に起きる生活をしています。そんな私が、早起きを通してなりたい自分になれたtipsを3つご紹介します!

ただ早起きするだけの「からっぽ人間」だった私

<朝渋に入る前>

  • 5時に起床しても二度寝
  • 朝もyoutube見たり時間を浪費して、慌てて出社
  • 夜もだらだらと時間を過ごし、日付が変わってから寝る

というように、早く起きるだけで何もしない、ただのからっぽ人間でした。ただただ時間を浪費している自分に嫌気がさし、「変わりたい」という気持ちから生活を見直しました。

<現在>

  • 4時に起床
  • 出社までに用事を1〜2件済ませて出社
  • 22時に就寝

こんな風に、朝に用事を済ませることで、以前に比べ、生産性が2倍以上にUPしました!!

さらに『グラフィックレコーディング』(以降グラレコ)という、自分が好きで得意なものを見つけることもできました!

グラレコの様子
(某イベントのグラレコの様子)

朝の使い方を変えることができた「3つの方法」

朝の時間を変えた!!早起きに慣れる3つの方法

【1】起床から出社まで、退社から就寝までの「行動をテンプレ」化した

行動をテンプレートにして見つめ直すことで、時間の浪費(Youtube等の娯楽)は夜にして、生産性の高い朝を有効活用しやすくなりました。

【2】早起きよりも「早寝」が大事!寝る前の習慣を見直した

  • 就寝時間の1時間前にスマホオフ&間接照明に切り替え
  • 水音アプリで脳をリラックス
  • ストレッチをして筋肉をゆるめる
  • 呼吸のトレーニングで副交感神経を優位にする

「結構大変そう…」と思うかもしれませんが、実は、就寝時間1時間前の行動を変えただけなんです!笑

こんな風に、寝る前にできる、早寝のための習慣さえ身につけてしまえば、あとは案外簡単に早起きできちゃいます。

【3】やっぱり、一人よりみんな!一緒に頑張れる仲間を見つけた

朝渋メンバーの皆さん

やっぱり、早起きも一人ではなかなかできないんですよね。笑

各々目標に向けて頑張っている人たちと一緒に早起きに向けて励まし合う、そんな人たちの存在が、私にとって支えになっています。

この3つを実践することで、私は早起き習慣を身につけることができました。

「真の早起き」になるために一番大事なコトは?

これをやれば「早起き」になれる!というtipsを3つ挙げましたが、一番大事なことは

『朝型人間になって自分がどうなりたいのか』

『早起きできるようになって何をしたいのか』

これが明確になっていないと、「真の早起き習慣」は身につきません。

私は『グラレコのスキルアップの時間を作りたい』という目的を明確にしたら、早起き習慣を身につけることができました!

(最近のグラレコ作品)

あなたの早起きで叶えたい目的はなんですか?

それが明確になっていれば、あとはやるだけ!

共にステキな朝を活かして自分の人生を思いっきり楽しみましょうー!!

では、今日もいってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

のの

元体育嫌いの運動音痴だったが、中学一厳しい部活に入部したことをきっかけに、スポーツが好きになる。現在はスポーツ関連の仕事をしつつ、スポーツを専門としたグラフィックレコーダーとして活動中。

愛知県出身。好きなものはチョコとビールとスポーツ観戦。

Twitter:@nono_spgr
note:https://note.mu/nonosports
Instagram:https://www.instagram.com/nono.gra/

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング