英会話でよく聞く「pretty bad」の意味は?

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

pretty bad

英会話でよく聞く「pretty bad」の意味は?

今日覚えたいキーフレーズは、アナとペネロピが観光ボートで出会った少年からトリビアを聞くシーンからピックアップ♪

Boy: On a wall inside the memorial, the word “FUTURE” was carved wrong! They carved “EUTURE”!(記念堂の中の壁に、「FUTURE(未来)」という単語が間違って彫られているんだ。「EUTURE」って彫っちゃったんだよ!)

Anna: Well, we all make mistakes.(まあ、誰もみんな間違いを犯すものよ)

Boy: Yeah, but this mistake was carved in stone!(そうだけど、この間違いは石に彫られちゃってるんだ! )

Anna: You’re right. That is pretty bad. Here’s another dollar!(そうね。それはかなりまずいわね。もう1ドルどうぞ! )

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

間違いをおかす」「間違う」は “make mistakes(または make a mistake)” 。「作る」という意味の “make” が使われるのがポイントです。

また、英会話でよく使われる “pretty bad” は「かなりまずい」「かなりひどい」などの意味。”pretty” といえば「かわいい」という意味でおなじみの英単語ですが、「かなりの」「とんでもない」という意味でもよく使われます♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング