「アフリカならではの心地よい朝の過ごし方」

 

南アフリカから、おはようございます!

あなたなりの朝の幸せはどこからやってきますか?

私の最近の朝の幸せは、身体を動かしながら大きな風をいっぱい感じ、太陽の光を浴びることのような気がしています。

いたって単純で特別なことなどないのだけれど、これがとっても私の身体を元気にしてくるなあと身体が教えてくれるのです。

6月最後の土曜日は、お友達と朝6時半に家を出発し小さな冒険へ。(お隣のお隣にお友達が住んでいる嬉しさったらない。)

静かな道を、淡い色の空の下を車でドライブ。

そして、8時過ぎには目的地に到着しハイキングを開始。

1711mの山頂を目指して、いざ。

朝はまさに鳥たちの時間。今まで聞いたことのないような美しい鳥の声が、あちらこちらから聞こえてくる。

大きな風や、土のにおい、木漏れ日を身体いっぱいに感じて山を登ること2時間半。

頂上から見渡す壮大な景色は、家から数時間で辿り着いた場所とは思えないほど気持ちが良い。

私たちが選んだハイキングスポットは自然と動物が人間と共存している私有地

ダイナミックな光景。これぞ、アフリカ。

「家から数時間でこの景色って、南アフリカって最高じゃない?」

「最高だね!」

南アフリカに来て、朝の始まりがこんなにも気持ち良いのだと知った。

そして、この山を登る途中に南アフリカの国花のプロテアの木を沢山見かけたのがまた嬉しくて。

花の咲く時期に来たら、きっとまた一味違った、想像を超えた素晴らしい景色なのだろうな〜とワクワクして。

朝が楽しみで、目覚まし時計のいらない暮らしに感謝。

次は、おにぎり持って山頂で朝ごはん!!

今日も皆様にとってイキイキした朝時間になりますよう。

MAI

 

 

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【南アフリカ共和国】Rainbow Tune!!!!!

南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住レポーターから届くカラフルな朝時間
Written by

Mai(南アフリカ共和国在住)

(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住)
日本では看護師、料理家、フードコーディネーター、公認サルベージシェフとして活躍。2017年3月南アフリカ人の夫と共にヨハネスブルグへ移住。南アフリカの日常から、まだまだ知られていないカラフルな魅力を発信していきます。
ホームページはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング