食べ歩き*街歩き@ロンドン

本格的な春が訪れ、賑わうロンドン。

そんな春の陽気に誘われて、フードマーケットへ出掛けました。

最初に目が留まったのは
可愛らしいピンク色のチューリップが飾られたストール。

何を食べさせてくれるのか遠目ではわかりませんでしたが・・・
フランスに近いリゾート地として知られている「ジャージー島」で採れる
じゃがいものストールでした!

毎年、5月頃になるとロンドン市内でも売られるようになる「Jersey Royal potato」。
日本で言うところの「新じゃが」で、瑞々しくて皮が薄く柔らかいのが特徴です。

串刺しされたポテトをいただきましたが、とろける美味しさでした。

スコッチエッグは大人気で、長蛇の列が出来ていました。
子供の頃、所謂「外国のお料理」を作ってくれた母。
スコッチエッグもそのひとつで、その味が懐かしく思い出されます。
主人もお母さんに作ってもらった懐かしの味なのだそう。

モクモクと煙が立ち込めているのは、こちらのフードマーケットで
一番人気の「ステーキ&チップス」。
かなりのボリュームに見えましたが、女性にも大人気!

生牡蠣のストールや

大きなお鍋で作られているのは、
サヴォワ地方の郷土料理、「Tartiflette」で
ロブロションチーズを使った本格派。

じゃが芋とベーコンというシンプルな組み合わせですが
ロケットを添えていただきます。
ワインが飲めたら、ものすごく美味しい組み合わせなのでしょうね。

大人気のベーカリーのドーナツ。
アトリエでは、パン職人さん達が休む間もなく次々とドーナツやパンを
作られていました。

こちらの可愛らしいカヌレも人気でした!

小さなレディ達がワッフルを買いに来ていました。
受け取るまで、ドキドキわくわくしたことでしょうね。

ストールで、色々なものをちょこちょこ頂いてお腹がいっぱいになったので
古本市までお散歩に。

ジェーン・オースティンなど
英国が誇る作家さんの本がずらりと並べられています。

探していた古書は見つかりませんでしたが
新たな発見もあり、目の保養になりました。

今週半ばは、25℃の予報が出ているロンドン。
あちらこちらでイベントが開催されているので
身体がひとつでは、とても足りそうにありません~。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【イギリス】とっておきの『英国時間』

英国・リッチモンドヒル在住レポーターから届くロンドン郊外の朝時間
Written by

rie(イギリス在住)

(イギリス・リッチモンドヒル滞在中)

東京都出身。テーブルコーディネイター、ポーセラーツインストラクター。ロンドン郊外リッチモンドヒル在住18年目になりました。英国から爽やかな『朝時間』をお届けいたします。日常はこちらのブログにてご紹介しております。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング