おはようございます!

思わせぶりなタイトルで失礼します。もちろん個人的に知っているわけではありませんが(当たり前か。笑)貴族の館に行ってきました。

広大な敷地の中にあるお館の三分の一は、現在のご当主一家のお住まい。残り三分の二がナショナル・トラストによって運営され一般に開放されています。

貴族の館、近景

湖あり、鹿園ありの敷地も素晴らしいですがターナーの作品が展示されているお屋敷内部も一見の価値ありです。ターナーはここに長く滞在して、ゆるやかな田園の風景画を数多く描き残しました。

 

貴族の館

お館と敷地を守る城壁、低く見えますが微妙に登れない高さ。そりゃそうですね。登れたら意味ないです。

 

石畳の小道

外に出ると石畳の小路がぴったりの街並み。でも真ん中にある溝は、その昔は各家庭が排泄物を捨てる為のものだったとか!ごめんなさい。想像したくないですね(汗)。

気を取り直す為に、最後にちょっと可愛い写真で締めくくります。

皆様、素敵な一日をお過ごしください。

馬車

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【イギリス】English Hill - 丘の上からグッドモーニング!

英国・サリー州在住レポーターから届く朝時間
Written by

chiakim(イギリス在住)

(イギリス・サリー州在住)
緑に囲まれたイギリス東南部に住んで22年。無理をしないWellness生活を探求中。早寝早起き、ウォーキングと朝ごはんが元気の素。
Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング