皆様、はじめまして。
この度、朝美人公式ブログに参加させていただくことにすることになりました、アロマティストの小泉美樹(こいずみみき)と申します。どうぞよろしくお願いします♪

簡単ではありますが自己紹介させていただきます。
まずは「アロマティスト」って何?と思われた方も多いと思います。
これは私が作った肩書きで「アロマ(香り)」+「アーティスト(芸術家)」を組み合わせた造語です。

アロマ(香り)を癒しではなく、自分を高め人生を豊かにするアイテムであること、そして嗅覚のもつ奥深さや魅力を沢山の人に知って欲しいという想いから、このような肩書きで活動をしております。

このブログを通して自分の心を映し出す力もあるアロマ(香り)の魅力をお伝えしたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

110115_143409

さてさて、新春の花といえば「水仙」この時期、いろいろな場所で目にしますね。

私は水仙と聞いて思いだすのが、ギリシャ神話なんです。

『他人を愛せないナルキッソスが、ただ自分だけを愛するようにする(された)。
ある日ナルキッソスが水面を見ると、中に美しい少年がいた。
もちろんそれはナルキッソス本人。
ナルキッソスはひと目で恋に落ちた。

そしてそのまま水の中の美少年から離れることができなくなり、やせ細って死んだ。
ナルキッソスが死んだあとそこには水仙の花が咲いていた。
この伝承から、スイセンのことを欧米ではナルシスと呼ぶ。
また、ナルシストという語の語源でもある。』
(Wikipediaより)

というエピソードのある水仙ですが、なんといっても魅力なのが香り!
とても品のある優しい香りで、この香りは私の中で「母」のイメージ(自分の母ではなく一般的な母です)
水仙の精油もあるにはあるのですが、高級香水に使われるほど高価で取り扱っているメーカーも少ないのです。
いつか手にしたいと思っています…。

瓶詰めにされた香りがどんなに高価でも自然に咲いているものにはかないません。
水仙の花を見かけたら、急ぐ足を止めて、その芳香を感じて下さいね!

 
この記事が気に入ったら
いいね!してね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

アロマティスト 小泉美樹の365日香りのある生活[更新終了]

公式ブログ
悩みにあわせたアロマの活用術など、毎日がもっと心地よく輝くためのアロマの使い方[更新終了]
Written by

小泉美樹

アロマティスト(R)
モーニングアカデミア校長

日本でただ1人のアロマティスト(R)です。カウンセリングをしその方だけの香り「パーソナル・アロマ」を作成をメインに講演・執筆・アイテムの香りプロデュースを行っています。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング