仕事柄、いつも何かを考えていることが多く、
体よりもまず頭が疲れていることに気づきます。
自分なりにマッサージをしたり、睡眠をたっぷりとったり気を遣ってはいるものの、
くるときはきますね~。ドカ~ンと。

内側のパワーが落ちているとき、
つい手を抜きそうになってしまう外見力を大切にしています。

なんて偉そうに言っても、大したことではありません。

「今日は誰とも会わないからなんでもいい」
「無難な黒にしよう」

といったことを頭で考え行動しないように心がけています。

それともう1つ。

外ばかりでは元気は回復しませんので、内側磨きも同時に頑張ります。
なんてまたまた格好よく言ってしまいましたが、これまたごくごく普通のこと。

意識してキレイなものを沢山目にしたり、耳にしたりするようにしています。

s-ST330061

特にこの時期は、木々が紅く染まり始めています。なので近所のお気に入りの場所へと向かいます。
何でもない小道ですが、紅葉を見ながらぼっと歩くのがお気に入り。

でも日に日に寒くなってくるのでもっと防寒対策を考えなくちゃ!と思う今日この頃です。

みなさんも紅葉から元気をもらってみてくださいね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

色のひと(R)七江亜紀のまいにちがカラフル日和[更新終了]

公式ブログ
色の使い方で毎日が変わる!色のひと(R)七江亜紀さんの日常[更新終了]
Written by

七江亜紀

色のひと ®/カラーキューレーター ®/株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなものの価値向上を図る。また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング