おはようございます♬

コロナが始まってから我が家の習慣になっている
朝ご飯を食べた後の散歩も
雨の季節の到来と共に終わりが近づいてきました。
(雨の寒くて暗いシアトルを散歩したい気持ちになれなくて)

 

9月に見つけた、網を掛けられたこの木。

ネットの奥を覗いてみると…

りんごでした♡

 

すごい、自宅の前にりんごの木。
気が抜いたらもぎって食べるんでしょうか。
なんだか素敵。今度、住民の方に会ったら
聞いてみようと思っていたのに

 

10月の半ばにまた同じ道を通ったら…
収穫を終えていたようでした。

少し残っているのは、鳥に残してあげてるのかな。
私の田舎では果物の木から全てを収穫せずに
野生動物のために少し残しておく風習があります。

 

そして、10月の終わり。
今度は栗を発見。

日本でもおなじみの
イガイガの殻に入った状態の栗を3つ発見。

 

 

さらにはこんな風に殻から取れた状態で
丸々した栗が公園中に落ちてる!!!

もうこの状態を見て興奮した私は
翌日、手袋とビニール袋を持参して公園へ。

「どうしてこんなに落ちてるのに
誰も拾わないだろう?
アメリカ人は栗食べないのかな」
なんてウキウキ・ホクホクしていると
携帯をしばらく眺めていた旦那さんがひとこと。

「食べられないからじゃない?」

 

え?

 

食べられないから?

 

えっ?食べられない?

 

食べられないから拾わない…
?????!!!!

 

確かにそうかも!
あんなに栗好きな中国のおばちゃんたちですら
この栗には目もくれず太極拳に一生懸命( ;∀;)…

 

調べてみると公園に落ちていた大量の栗は
Horse Chestnut(=セイヨウトチノキ)と言い

ウィキペディアによると
「若くて新鮮な実はアルカロイドのサポニンや
グルコシダーゼを含み、弱毒である。
触れるだけでは危険ではないが
食べると病気になる恐れがある。」との記述が。

あった~

そう。私が普通の栗だと思っていたあれは
マロニエの木になる実。
見た目はぷりぷりした日本でよく見る栗に
よく似ているけれど殻を見ると全然違う。
(栗写真上2つは日本の栗と同じようなのですが
最後の栗はセイヨウトチノキだったわけなんです…)

 

ということはイガイガに入っていた
栗の木を見つければいいのか!と
昨日と同じ道を何度も探してみたけれど
歩けど歩けど見つからず…

旦那さん曰く「それは食べられるから
誰かがすでに拾った
のでしょう」とは。

わかりみしかない。あうう。

 

 

誰も拾わないものは食べられない。
そんな当たり前のことを学んだ2020年の秋。
今度イガイガを見つけたら
素手でも拾って帰って来ようと思いました。

ええ。

と、いうわけでりんごから栗と
初秋から中秋にかけての
シアトルの愉しみ方をお知らせしつつ

日本の秋=モンブランケーキが食べたくて
ますますホームシックが酷くなってきました。

 

皆様は秋の味覚で
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング