おはようございます♬

遠出してシアトルから車で4時間ちょっと。
(本来なら3時間ちょっとのドライブが…涙)
ギリギリ、ブランチの時間に間に合いました!
ポートランドから朝をお届けしています♡

どうしてポートランドにいるのか?

それもこれも夕べの友達からのメール。
Are you up for heading to Portland
tomorrow?
明日ポートランド行けそう?
※ちなみにAre you up to go to Portland tomorrow?という
言い方の方がよく見かける気がします※

何の予定もない私I’m up for it!
=「行けるよ!」と返信したのが運の尽き…

 

って朝6時集合だった〜!!!涙

まぁ、そんなわけでポートランドの朝10時30分。
微妙に渋滞に巻き込まれて4時間以上をかけて
アメリカのお粥「グリッツ」を食べています。

もはや朝と言うより、昼の感覚で…

 

 

気分的・現実的(どちらでもOK)
出来るか、出来ないか」を聞くbe up for〜

今どきのネイティブから良く聞こえてきます。

出来る(興味がある)be up for 〜
出来ない(興味がない)be not up for〜

 

中でも「I’m up for anything.」=何でもいいよ。
は、とにかくよく聞くフレーズ。若者ぽい。

他に例文を挙げるとするならば
Are you up for going out?=今夜出掛けられる?

これに対して◎行きたいとき
I’m up for going out!=出掛けられるよ!

◎行きたくない(興味がない)・行けないとき
I’m not up for it.=今夜はやめとくよ。

◎都合が悪いとき(金曜なら出掛けられるとき)
I’m up for Friday night.=金曜なら行けるよ。

 

そしてこの be up for 〜と似たような感じで
ネイティブがこれまたよく使うのが
be down (to〜)

I’m down!(それを)しよう・やろう・行こう

誘われたことに、喜んで!という気持ちがある。
そんなイメージのフレーズです。

例文を出すとしたら
◎誰かを誘いたいときAre you down to go skiing?
=スキー行きたい?

◎申し出を受けたいときI’m down!=行きたい!

◎それ(この場合はスキー)をしたいとき
I’m down to go skiing.=スキーに行きたいんだ。

 

 

今日はネイティブが(特に20-30代)よく使う
2つのフレーズをご紹介しました。

せっかくポートランド。
楽しんで帰ろうと思います。

3月にもなると桜の開花が始まる日本。
外出するのが楽しい季節がまた来ますね。

もうお花見の計画立ててる方もいらっしゃるかも。
どうぞSweetな春の1日になりますように♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング