面倒もストレスも解消!米とぎがぐっと楽になる「水切りボール」

連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした朝が楽しくなるアイテムを紹介します!

早く買えばよかった!米とぎがぐっと楽になる「水切りボール」

藤井器物製作所 3WAY水切りボール
藤井器物製作所 3WAY水切りボール  ¥ 1,922 (※記事公開時の価格です)

新米のおいしい季節!自分で買うのはもちろん、「実家から新米が送られてきた~♪」なんて一人暮らしさんも多いのでは?

今日ご紹介するのは、ちょっと面倒な、お米をとぐ作業がぐっと楽になる「水切りボール」です。

このボールは、底の2方向が斜めになっているのが大きな特徴。

側面が網目になっていない方向に傾ければ、お米が研ぎやすく、まっすぐにすれば、そのままお米をお水にさらしやすくなります。

さらに、反対側の、側面が水切り用の網目になっている方に傾ければ、とってもスムーズに水切りができるんです。

普通のザルを使うと、米粒が流れ落ちてしまうことがありますよね。このボールの網目は小さめなので、米粒が流れ落ちにくくなっています。

サラダ用の野菜をさらしたり水切りしたり、パスタのお湯切りなどにも使えますよ(※熱湯によるやけどには注意してくださいね)

このボールを使用している編集部スタッフによると

「以前は炊飯器のお釜でお米を洗って、水を流すときは片方の手で抑えながら、米粒がこぼれないように注意しつつ、水を切る作業をしていました。

でも、しっかり重さのあるお釜なので、手首に負荷がかかったり、傾けて水を切ってると、中のお米が勢いよくあふれてしまったりして。

かと言って、水を切ろうとしてザルと使うと、ザルの網目からお米がでてしまったり、ザルに詰まってしまったり。

このボウルは、実は単身赴任している主人のすすめで購入したのですが、本当に、水切りがラクで!いつも気を配りながらお釜をそっと傾けていたストレスがなくなるだけで、ご飯を研ぐ作業が全く面倒じゃなくなりました。

使った後、ボールを洗うのが面倒かも、と心配していましたが、網目への目詰まりもなくさっと洗えて楽ちん。野菜を洗うのにも使ってますが、ステンレスで、プラスチックのものより清潔に使える点も◎

まとめて炊いて小分け冷凍しているので、ご飯をたくのは週に1、2回程度なのですが、苦手だった作業がひとつ減るだけで、ストレスが大きく減った気がします。もっと早く買えばよかった!笑

『お米研ぐのってめんどくさい』って思っている方に、ぜひおすすめしたいです!」とのこと。

毎日の家事をちょっと快適にしてくれる、水切りボール。キッチンの新しい仲間に加えてみては?

藤井器物製作所 3WAY水切りボール  ¥ 1,922 (※記事公開時の価格です)

商品詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ)>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング