スパッと切れ味が復活!調理の快適と時短をかなえる「京セラ 包丁研ぎ器」

 
本連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした、朝が楽しくなるアイテムを日替わりで紹介します!

誰でも簡単!スパッと切れる包丁で調理もらくらく「京セラ 包丁研ぎ器」

_SL1500_

今日ご紹介するのは、編集部のスタッフが「実はキッチンの重要な時短アイテム」という包丁研ぎ器「京セラ セラミック ロールシャープナー」。

こちらは、セラミック製のフライパンや包丁、おろし器なども人気がある「京セラ」の包丁研ぎ器。

お水も準備も難しい技術も不要。包丁の切れ味が悪いなと感じたら、キッチンの引き出しからサッと出してすぐに研げる手軽さ、コンパクトさが魅力の一品です。

使い方は簡単で、包丁を溝に入れて、前後に10回ほど往復させるだけ。「セラミックホイール」の回転により、いわゆる砥石と同じように刃先を縦方向に研ぐことができるので、しっかり研げてしかも長持ちするのだそう。

515MGENG4VL

愛用中の編集部スタッフによると

「以前は100円ショップで購入した研ぎ器を使っていたのですが、切れ味が戻っても長続きしなくて…こまめに研ぐのは面倒なので、切れ味が悪いなぁと思いながら料理することも。

この京セラの研ぎ器は母のススメで購入したのですが、以前使っていたものと同じように前後に往復させるだけなのに、持ちが全くちがう!一度戻った切れ味をしばらくキープできるんです。

包丁を使う時のストレスがぐっと減って、野菜を切るのも柔らかいパンを切るのも快適になりました。サンドイッチなども断面がキレイに切れるようになりますよ!

素材がスムーズに切れることって、実は料理の時短に大きく影響する気がします。私は15年前から使っているステンレスの包丁(牛刀)がとても気に入っているのですが、この研ぎ器があればまだまだ使い続けられそうだなと。

コスパも◎ですし、研ぎ器を持っていない方にはぜひオススメしたい一品です!」

とのこと。

お料理の快適さと時短が叶うアイテムを手に入れて、朝ごはんをはじめ毎日のお料理をもっと楽しんでみませんかー♪

京セラ セラミック ロールシャープナー

商品詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ)>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日の朝の人気ランキング