「すみません」を4単語の英語で言うと?

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

ちょっとすみません

「すみません」を4単語の英語で言うと?

今日覚えたいキーフレーズは、アナが養蜂家のキャロラインと出会うシーンからピックアップ♪

Anna: I think I’m at the wrong address. This does not look like a place where bees are kept.(どうやら間違った住所にいるみたい。ここは、ミツバチが飼われている場所には見えないわ)

Anna: Oh, sorry to bother you. I’m looking for beekeeper Caroline. I’m here to take her “Learn to Love Bees!” class. (あの、すいません養蜂家のキャロラインさんを探しています。私は彼女の「ミツバチを愛する方法を学びましょう!」という彼女のレッスンを受けに来ました)

Caroline: You’re in the right place! I’m Caroline!(あなたは正しい所にいるわよ!私がキャロラインよ!)

Anna: Oh, nice to meet you!(あら、はじめまして!)

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

beekeeper” は「ミツバチを飼う人」、つまり「養蜂家」。

また、 “sorry to bother you” は「すみません」「お邪魔します」という意味合いで、誰かに話しかけるときなどに使える定番フレーズです♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング